第18回 問題5

問題5 介護予防・日常生活支援総合事業について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.介護給付等適正化事業を含む。
2.包括的支援事業の一つである。
3.地域支援事業の一つである。
4.要介護の第一号被保険者も対象である。
5.第一号生活支援事業と第二号生活支援事業がある。

猫の写真

解答

3、4

解説

1.介護給付等適正化事業を含む。
 →×

 介護給付等適正化事業は、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)ではなく、任意事業におけるものです(2018中央法規ワークブックP124、八訂基本テキスト1巻P173)。そのため、解答は×になります。

2.包括的支援事業の一つである。
 →×

 包括的支援事業の中に総合事業が含まれるわけではありません(2018中央法規ワークブックP109、八訂基本テキスト1巻P161)。そのため、解答は×になります。

3.地域支援事業の一つである。
 →◯

 地域支援事業の中に、総合事業、包括的支援事業、任意事業があります(2018中央法規ワークブックP109、八訂基本テキスト1巻P161)。そのため、解答は◯になります。

4.要介護の第一号被保険者も対象である。
 →◯

 総合事業の一般介護予防事業は、すべての第1号被保険者が対象です(2018中央法規ワークブックP114、八訂基本テキスト1巻P167)。ここには、要介護認定を受けた第1号被保険者も含まれます。そのため、解答は◯になります。

5.第一号生活支援事業と第二号生活支援事業がある。
 →×

 総合事業には生活支援サービス(第1号生活支援事業)があります(2018中央法規ワークブックP111、八訂基本テキスト1巻P166)。しかし、第2号生活支援事業というものはありません。そのため、解答は×になります。

関連Q&A↓
介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)の「第1号」は、どんな意味ですか?
介護保険法第115条の45第1項“第1号”で規定されていることから来ている  第1号事業の「第1号」は、第1号被保険者のことを示しているわけではありません。これは、介護保険法第115条の45第1項“第1号”で規定されていることから来ています。  このように名称をつけることによって、法令において、たとえば「第1号事業を行う者は…」「第1号事業を利用した場合は…」というように、示しやすくなっています。  このことは、訪問型サービス(第1号訪問事業)、通所型サービス(第1号通所事業)、生活支援サービス(第1号生活支援事業)、介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)についても同様です。  ちなみに、「第2号事業」というものはありません。
トップへ戻る