第18回 問題23

問題23 居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.同居家族がいる場合は、家族との面接を実施しなければならない。
2.定期的にサービス提供者との面接を実施しなければならない。
3.モニタリングの結果は、少なくとも1月に1回記録しなければならない。
4.モニタリング標準項目は、厚生労働省から提示される。
5.モニタリングを行い、必要に応じて居宅サービス計画を変更するものとする。

(注)「指定居宅介護支援等の人員及び事業に関する基準(平成11年厚生労働省令第38号)の定める内容による。

猫の写真

解答

3、5

解説

 居宅介護支援の運営基準では、モニタリングについて次のように規定されています(2018中央法規ワークブックP157、八訂基本テキスト1巻P233)。

居宅介護支援のモニタリング
介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成後、居宅サービス計画の実施状況の把握(利用者についての継続的なアセスメントを含む)を行い、必要に応じて居宅サービス計画の変更、サービス事業者などとの連絡調整その他の便宜の提供を行う。
介護支援専門員は、上記の実施状況の把握(以下「モニタリング」)に当たって、利用者や家族、サービス事業者などとの連絡を継続的に行い、特段の事情のない限り、次のことを行う。
少なくとも1か月に1回、利用者の居宅を訪問し、利用者に面接する。
少なくとも1か月に1回、モニタリングの結果を記録する。

1.同居家族がいる場合は、家族との面接を実施しなければならない。
 →×

 上記のように、家族との連絡を継続的に行うこととされていますが、家族との面接は規定されていません。そのため、解答は×になります。

2.定期的にサービス提供者との面接を実施しなければならない。
 →×

 上記のように、サービス事業者との連絡を継続的に行うこととされていますが、定期的にサービス提供者と面接するとは規定されていません。そのため、解答は×になります。

3.モニタリングの結果は、少なくとも1月に1回記録しなければならない。
 →◯

 上記のように、少なくとも1か月に1回、モニタリングの結果を記録することとされています。そのため、解答は◯になります。

4.モニタリング標準項目は、厚生労働省から提示される。
 →×

 モニタリングについての標準項目というものは、厚生労働省からは提示されていません。そのため、解答は×になります。

 ちなみに、課題分析に関しては、厚生労働省から課題分析標準項目が提示されています(2018中央法規ワークブックP151、八訂基本テキスト1巻P297)。

課題分析標準項目
課題分析標準項目 (2018中央法規ワークブックP151、八訂基本テキスト1巻P297) 基本情報に関する項目No.標準項目名...

5.モニタリングを行い、必要に応じて居宅サービス計画を変更するものとする。
 → ◯

 上記のように、モニタリングを行い、必要に応じて居宅サービス計画を変更することとされています。そのため、解答は◯になります。

トップへ戻る