第18回 問題24

問題24 一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。
2.市に措置入所を依頼した。
3.精神科の受診について主治医に相談した。
4.近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。
5.認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。

猫の写真

解答

3、4、5

解説

1.訪問介護事業所に担当の訪問介護員の交代を依頼した。
 →×

 訪問介護員を交代しても、問題解決につながるとは言えません。また、利用者本人の意向を確認せずに、介護支援専門員の勝手な判断で交代を依頼するのは適切ではありません。

2.市に措置入所を依頼した。
 →×

 老人福祉法の措置によるサービス提供は、やむを得ない事由(家族による虐待などのために、介護保険での契約に基づくサービス利用ができないなど)がある場合です(2018中央法規ワークブックP50、八訂基本テキスト1巻P130)。
 Aさんは、やむを得ない事由があるとまでは言えないため、措置は適切ではありません。

3.精神科の受診について主治医に相談した。
 →◯

4.近隣住民も含めた支援体制などについて地域包括支援センターに相談した。
 →◯

5.認知症初期集中支援チームの支援を依頼した。
 →◯

 一人暮らしのAさんには身寄りがなく、認知症が疑われる状況であるため、これらの対応が適切と言えます。
 なお、認知症初期集中支援チームとは、複数の専門職が認知症の人を訪問して初期支援を集中的に行うチームで、地域支援事業の包括的支援事業の認知症総合支援事業において設置が進められています(2018中央法規ワークブックP120・P253、八訂基本テキスト1巻P172)。

トップへ戻る