第19回 問題2【平成28年 ケアマネ試験 介護支援分野】

問題2 介護保険法第8条に規定されている居宅介護支援の内容として正しいものはどれか。2つ選べ。
1.地域包括ケアシステムの推進
2.要介護状態の軽減
3.居宅サービス計画の作成
4.介護認定審査会との連絡調整
5.指定居宅サービス事業者との連絡調整

猫の写真

解答

3、5

解説

 介護保険法第8条第24項において、居宅介護支援は次のように定義されています(2019ユーキャン速習レッスンP147、八訂基本テキスト1巻P201)。

介護保険法
第八条(一部略)
24 「居宅介護支援」とは、指定居宅サービス等の適切な利用等をすることができるよう、居宅要介護者の依頼を受けて、その心身の状況、その置かれている環境、居宅要介護者及びその家族の希望等を勘案し、利用する指定居宅サービス等の種類及び内容、担当者など定めた「居宅サービス計画」を作成するとともに、

計画に基づく指定居宅サービス等の提供が確保されるよう、事業者との連絡調整その他の便宜の提供を行い、

並びに当該居宅要介護者が地域密着型介護老人福祉施設又は介護保険施設への入所を要する場合にあっては、施設への紹介その他の便宜の提供を行うことをいい、

「居宅介護支援事業」とは、居宅介護支援を行う事業をいう。

 選択肢「3.居宅サービス計画の作成」と「5.指定居宅サービス事業者との連絡調整」は上記に含まれるため、解答は◯になります。

 「1.地域包括ケアシステムの推進」と「2.要介護状態の軽減」と「4.介護認定審査会との連絡調整」は含まれないため、解答は×になります。

トップへ戻る