第19回 問題22

問題22 サービス担当者会議について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.特記事項を書いた認定調査員は、出席しなければならない。
2.地域包括支援センターの主任介護支援専門員は、出席しなければならない。
3.利用者が要支援更新認定を受けた場合は、開催するのが原則である。
4.介護予防サービス計画の原案の内容について、担当者から意見を求める。
5.施設サービス計画の原案を作成するため、常に開催しなければならない。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

3、4

解説

1.特記事項を書いた認定調査員は、出席しなければならない。
 →×

 居宅介護支援・介護予防支援・介護保険施設の運営基準において、サービス担当者会議の参加者は、利用者や家族、計画の原案に位置づけたサービスの担当者などと規定されています(2018中央法規ワークブックP155、七訂基本テキスト2巻P489)。
 しかし、「特記事項を書いた認定調査員は出席しなければならない」とは規定されていません。そのため、解答は×になります。

2.地域包括支援センターの主任介護支援専門員は、出席しなければならない。
 →×

 サービス担当者会議の参加者は、選択肢1の解説にある者です。しかし、「地域包括支援センターの主任介護支援専門員は出席しなければならない」とは規定されていません。そのため、解答は×になります。

3.利用者が要支援更新認定を受けた場合は、開催するのが原則である。
 →◯

 介護予防支援の運営基準において、「担当職員は次の場合に、原則としてサービス担当者会議を開催し、介護予防サービス計画の変更の必要性について、担当者から専門的な見地からの意見を求めるものとする」と規定されています(2018中央法規ワークブックP173、七訂基本テキスト1巻P388)。そのため、解答は◯になります。

介護予防支援において、原則としてサービス担当者会議を開催する場合
利用者が要支援更新認定を受けた場合
利用者が要支援状態区分の変更の認定を受けた場合

4.介護予防サービス計画の原案の内容について、担当者から意見を求める。
 →◯

 介護予防支援の運営基準において、「担当職員は、サービス担当者会議の開催により、利用者に関する情報を担当者と共有するとともに、介護予防サービス計画の原案の内容について、担当者から専門的な見地からの意見を求めるものとする」と規定されています(2018中央法規ワークブックP173、七訂基本テキスト1巻P382)。そのため、解答は◯になります。

5.施設サービス計画の原案を作成するため、常に開催しなければならない。
 →×

 介護保険施設の運営基準において、「計画担当介護支援専門員は、サービス担当者会議の開催、担当者に対する照会などにより、施設サービス計画の原案の内容について、担当者から専門的な見地からの意見を求めるものとする」と規定されています(2018中央法規ワークブックP182、七訂基本テキスト1巻P489)。
 このように、サービス担当者会議の開催ではなく、担当者に対する照会などでも可であるため、解答は×になります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る