第19回 問題27

問題27 次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。
1.高齢者の不明熱では、悪性腫瘍や感染症が隠れていることがある。
2.心室性期外収縮は、健康な人ではみられない。
3.血圧測定は、上腕での測定が難しい場合には、下肢で測定してもよい。
4.起立性低血圧は、飲酒や降圧剤の使用も原因となる。
5.本態性高血圧は、腎臓や内分泌の異常により血圧が高い状態をいう。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

1、3、4

解説

1.高齢者の不明熱では、悪性腫瘍や感染症が隠れていることがある。
 →◯

 高齢者では、原因がわからない不明熱が多いのも特徴のひとつです。膠原病や虫垂炎、胆道感染症、悪性腫瘍などが隠れていることもあります(七訂基本テキスト3巻P87)。そのため、解答は◯になります。

2.心室性期外収縮は、健康な人ではみられない。
 →×

 不整脈の原因は、心室性期外収縮や室性期外収縮であることが多くあります。
 期外収縮とは、通常のタイミングより早期に生じる電気的刺激により、心臓が余分に収縮するものです。心房や房室接合部から生じるものが上室期外収縮、心室から生じるものが心室期外収縮です。
 アルコール、睡眠不足、疲労、ストレスなどが誘因となり、健康な人でもよくみられるので、頻度が高くなければ、通常は問題とはなりません(七訂基本テキスト3巻P37)。そのため、解答は×になります。

3.血圧測定は、上腕での測定が難しい場合には、下肢で測定してもよい。
 →◯

 上腕の拘縮などにより、上腕での血圧測定が難しい場合は、膝窩動脈(ひざの後ろを通る動脈)や後脛骨動脈(内側のくるぶしの後ろを通る動脈)での血圧測定が行われます(七訂基本テキスト3巻P88)。そのため、解答は◯になります。

4.起立性低血圧は、飲酒や降圧剤の使用も原因となる。
 →◯

 起立性低血圧の原因には、飲酒、薬剤(降圧剤、利尿薬、抗うつ剤、血管拡張薬など)、パーキンソン病などがあります(2018中央法規ワークブックP223、七訂基本テキスト3巻P89)。そのため、解答は◯になります。

5.本態性高血圧は、腎臓や内分泌の異常により血圧が高い状態をいう。
 →×

 本態性高血圧症とは、遺伝的な要素、塩分摂取、加齢などの要因から生じるものです(2018中央法規ワークブックP223、七訂基本テキスト3巻P88)。そのため、解答は×になります。

高血圧の種類
本態性高血圧症 遺伝的な要素、塩分摂取、加齢などが要因のもの。
二次性高血圧症 腎臓の血管障害が要因のもの(腎血管性高血圧症)や内分泌異常によるもの。
白衣性高血圧 医師や看護師に血圧を測定される際に起こるもの。
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る