第19回 問題31

問題31 皮膚疾患について、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.脂漏性湿疹では、患部を清潔に保つほか、抗真菌薬、保湿剤、ビタミン薬などが使用される。
2.帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス感染の再活性化によって起こる。
3.皮脂欠乏症は患部を清潔に保つことが悪化予防になることから、ナイロンタオルなどを使ってよく洗う。
4.白癬は家族内で感染することはまれであるため、爪切りやスリッパなどは共有しても差し支えない。
5.薬疹は、長期間服用している薬剤により生じることはない。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

1、2

解説

1.脂漏性湿疹では、患部を清潔に保つほか、抗真菌薬、保湿剤、ビタミン薬などが使用される。
 →◯

 一般に、加齢によって皮脂の分泌が減少し、皮膚がカサカサします(皮脂欠乏症)。乾燥した時期には、さらに皮膚が乾燥して下腿や背部に痒みが生じ(皮膚掻痒症)、湿疹が生じることがあります(脂漏性湿疹)。
 生活上の留意点などは、次のとおりです(2018中央法規ワークブックP220、七訂基本テキスト3巻P81)。

皮脂欠乏症・脂漏性湿疹・脂漏性湿疹における生活上の留意点など
皮脂欠乏症
皮脂の分泌が減少し、皮膚がカサカサする。
皮脂を取りすぎないことが大切であるため、ナイロンタオルなどは使わず、石けんの泡をつけたタオルや手で軽くこするようにする。また、空気が乾燥すると皮膚の乾燥と痒みが強くなるため、加湿器を使って湿度を保つ。
皮膚掻痒症
皮膚の乾燥で、下腿や背部に痒みが生じる。
刺激に敏感になっていることから痒みが生じるため、皮膚の乾燥を防いで、さまざまな刺激を避けるようにする。
脂漏性湿疹
上記の症状が進み、湿疹が生じる。
患部を清潔に保つ、生活リズムを整えることが大切。また、ステロイド薬、抗真菌薬(原因とされる皮膚常在真菌の過剰増殖を抑制)、保湿剤、ビタミン薬(B2、B6)なども使用する。


2.帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルス感染の再活性化によって起こる。
 →◯

 原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスは、最初に感染したときには水痘(みずぼうそう)になります。水痘になると、治癒しても水痘・帯状疱疹ウイルスが神経の中に潜伏している状態になります(この状態自体に害はありません)。
 ただし、疲労やストレス、加齢などで免疫力が低下すると、ウイルスが増殖・再活性化することがあります。これによって現れるのが帯状疱疹です(2018中央法規ワークブックP220、七訂基本テキスト3巻P81)。
 水痘・帯状疱疹ウイルスは、神経を伝わって広がります。そして、人間の身体において、脳からの神経は左右で分かれています。そのため、帯状疱疹の発症も、左半身か右半身のどちらかに分かれて帯状に出現します。

3.皮脂欠乏症は患部を清潔に保つことが悪化予防になることから、ナイロンタオルなどを使ってよく洗う。
 →×

 選択肢1の解説にあるとおりです(2018中央法規ワークブックP220、七訂基本テキスト3巻P80)。

4.白癬は家族内で感染することはまれであるため、爪切りやスリッパなどは共有しても差し支えない。
 →×

 白癬は、カビの一種である白癬菌が皮膚に感染することで起こります。足にできるものを、俗に水虫といいます。
 白癬は、家庭内で爪切りやスリッパなどを共有することで感染が広がるため、そうしたものの共有はしないようにします(2018中央法規ワークブックP219、七訂基本テキスト3巻P79)。

5.薬疹は、長期間服用している薬剤により生じることはない。
 →×

 薬疹は、投与された薬剤へのアレルギーによる発疹です。このリスクのない薬剤はなく、長期間服用していた薬剤によっても、薬疹が起こることがあります(2018中央法規ワークブックP219、七訂基本テキスト3巻P77)

トップへ戻る