第19回 問題37

問題37 薬剤について、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.肝機能が低下している場合は、薬剤の代謝速度が速くなる。
2.口腔内で溶けるOD(Oral Disintegrant)錠は、口腔粘膜からそのまま吸収される薬剤である。
3.薬剤は、主に便として排泄される。
4.麻薬は、口渇の原因となり得る薬剤である。
5.上半身を起こし、多めの水で薬を服用することが、食道潰瘍の予防につながる。

猫の写真

解答

4、5

解説

1.肝機能が低下している場合は、薬剤の代謝速度が速くなる。
→×

 体内に入った薬剤は、肝臓の働きによって代謝されます。そのため、肝機能が低下している場合は、薬剤の代謝速度が遅くなります(2018中央法規ワークブックP276)

2.口腔内で溶けるOD(Oral Disintegrant)錠は、口腔粘膜からそのまま吸収される薬剤である。
→×

 OD錠は、口腔内で水なしで溶けるものですが、口腔粘膜からそのまま吸収されるわけではないため、水と一緒に飲み込む必要があります(2018中央法規ワークブックP275、八訂基本テキスト3巻P360)。

3.薬剤は、主に便として排泄される。
→×

 身体に吸収されなかった薬剤は、便からも排泄されますが、尿からの排泄が主になります(2018中央法規ワークブックP276)。

4.麻薬は、口渇の原因となり得る薬剤である。
→◯

 口渇の原因となる薬剤には、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬、催眠鎮静薬、抗不安薬、抗うつ剤、抗精神病薬、抗不整脈薬(ジソピラミド、シベンゾリンコハク酸塩)、麻薬(モルヒネ、コデイン)があります。

5.上半身を起こし、多めの水で薬を服用することが、食道潰瘍の予防につながる。
→◯

 解熱鎮痛薬など刺激性のある薬が食道にとどまると、潰瘍が発生することがあります。その予防のために、上半身を起こして、多めの水で薬を服用するといった配慮が大切です(2018中央法規ワークブックP277、八訂基本テキスト3巻P359)。

トップへ戻る