第19回 問題42

問題42 終末期のケアについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.体位変換の頻度の減少や栄養状態の悪化により、褥瘡ができやすくなる。
2.本人の意思を確認できない状況下では、家族の意見が分かれることがあるため、医療・介護専門職が方針を話し合い、その結果に基づき家族を説得する。
3.終末期には、息苦しさが楽になるよう、ベッドの角度調整など姿勢の工夫をする。
4.終末期には、身体への負担が大きいため、本人が望んでも入浴は避けなければならない。
5.家族の予期悲嘆を表現できるよう支援することは、家族に対して看取りへの心の準備を促すことにつながる。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

1、3、5

解説

1.体位変換の頻度の減少や栄養状態の悪化により、褥瘡ができやすくなる。
 →◯

 褥瘡を引き起こす要因には、次のようなものがあります(2018中央法規ワークブックP238、七訂基本テキスト3巻P14・P78・P114・P156・P251・P267・P375)。

褥瘡を引き起こす要因
体位変換の頻度の減少により、同じ所に体重がかかる
低栄養
摩擦
失禁や発汗などによる皮膚の湿潤や汚染 など

2.本人の意思を確認できない状況下では、家族の意見が分かれることがあるため、医療・介護専門職が方針を話し合い、その結果に基づき家族を説得する。
 →×

 本人の尊厳を重視するために、あらかじめ本人の意向を確認しながら終末期ケアの方針を決めておくのが原則です。
 本人の意向が確認できない場合には、家族や医師、介護専門職などが話し合って関係者の総意として方針を決定します。この方法を「コンセンサス・ベースド・アプローチ」といいます(2018中央法規ワークブックP293、七訂基本テキスト3巻P377)。

3.終末期には、息苦しさが楽になるよう、ベッドの角度調整など姿勢の工夫をする。
 →◯

 息苦しさに対しては、ベッドの角度を変えたり、姿勢を工夫したり、さすったりすることも有効です(2018中央法規ワークブックP292、七訂基本テキスト3巻P380)。

4.終末期には、身体への負担が大きいため、本人が望んでも入浴は避けなければならない。
 →×

 終末期となった利用者の生活を支えるには、①食事、②排泄、③睡眠、④移動、⑤清潔、⑥喜び、という6つの視点から利用者を捉えることが重要です(2018中央法規ワークブックP290、七訂基本テキスト3巻P361)。
 このうち⑤清潔では、入浴が可能であればどのような方法によるか(見守り、介護職員や看護職員の介助、デイサービスなどでの入浴など)や安全性について考慮する必要があります。

5.家族の予期悲嘆を表現できるよう支援することは、家族に対して看取りへの心の準備を促すことにつながる。
 →◯

 終末期においては、家族が不安や悲しみを抱くのは当然であり、介護をする家族の心の準備のために、声をかけるなどの配慮はとても重要です(2018中央法規ワークブックP293、七訂基本テキスト3巻P379)。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る