第20回 問題6

問題6 要介護状態区分によって指定居宅介護支援及び指定居宅サービスに要する費用の額が異なるものはどれか。2つ選べ。
1.居宅介護支援費
2.訪問看護費
3.通所介護費
4.訪問介護費
5.訪問入浴介護費

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

1、3

解説

1.居宅介護支援費
 →◯

 居宅介護支援費は、取扱件数(40件未満、40件以上60件未満、60件以上)と要介護度(要介護1・2、要介護3・4・5)に応じて設定されています(2018中央法規ワークブックP163、七訂基本テキスト1巻P319)。そのため、解答は◯になります。

2.訪問看護費
 →×

 訪問看護費は、事業所類型(訪問看護ステーション、病院・診療所)と提供時間に応じて設定されています(2018中央法規ワークブックP297、七訂基本テキスト2巻P86)。この額は要介護度によって変わることはないため、解答は×になります。

3.通所介護費
 →◯

 通所介護費は、事業所類型(通常規模、大規模)、提供時間、要介護度に応じて設定されています(2018中央法規ワークブックP402、七訂基本テキスト2巻P169)。そのため、解答は◯になります。

4.訪問介護費
 →×

 訪問介護費は、身体介護中心(提供時間別)、生活援助中心(提供時間別)、通院等のための乗車または降車の介助(運賃を含まず、片道で1回)という区分で設定されています(2018中央法規ワークブックP391、七訂基本テキスト2巻P43)。この額は要介護度によって変わることはないため、解答は×になります。

5.訪問入浴介護費
 →×

 訪問入浴介護費は「1回につき」で設定されています(2018中央法規ワークブックP396、七訂基本テキスト2巻P68)。この額は要介護度によって変わることはないため、解答は×になります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る