第20回 問題16【平成29年 ケアマネ試験 介護支援分野】

問題16 介護サービス計画作成のための課題分析標準項目として正しいものはどれか。3つ選べ。
1.二親等以内の扶養義務者の現住所
2.生活保護受給の有無
3.前年度の課税所得金額
4.認知症である老人の日常生活自立度
5.介護認定審査会の意見

猫の写真

解答

2、4、5

解説

 課題分析標準項目には、次のような項目があります。

課題分析標準項目
基本情報に関する項目
1 基本情報(受付、利用者等基本情報)
2 生活状況
3 利用者の被保険者情報
4 現在利用しているサービスの状況
5 障害老人の日常生活自立度
6 認知症である老人の日常生活自立度
7 主訴
8 認定情報
9 課題分析(アセスメント)理由

課題分析(アセスメント)に関する項目
10 健康状態
11 ADL
12 IADL
13 認知
14 コミュニケーション能力
15 社会との関わり
16 排尿・排便
17 褥瘡・皮膚の問題
18 口腔衛生
19 食事摂取
20 問題行動
21 介護力
22 居住環境
23 特別な状況
項目の詳細
課題分析標準項目
課題分析標準項目 (2018中央法規ワークブックP151、八訂基本テキスト1巻P297) 基本情報に関する項目 ...
1.二親等以内の扶養義務者の現住所
→×

 課題分析標準項目には、この選択肢のような内容は含まれません(2018中央法規ワークブックP151、八訂基本テキスト1巻P297)。そのため、解答は×になります。

2.生活保護受給の有無
→◯

 課題分析標準項目の「3 利用者の被保険者情報」に、この選択肢の「生活保護受給の有無」が含まれます。そのため、解答は◯になります。

3.前年度の課税所得金額
→×

 課題分析標準項目には、この選択肢のような内容は含まれません。そのため、解答は×になります。

4.認知症である老人の日常生活自立度
→◯

 課題分析標準項目に「6 認知症である老人の日常生活自立度」という項目があります。そのため、解答は◯になります。

5.介護認定審査会の意見
→◯

 課題分析標準項目の「8 認定情報」に、この選択肢の「介護認定審査会の意見」が含まれます。そのため、解答は◯になります。

トップへ戻る