第20回 問題23【平成29年 ケアマネ試験 介護支援分野】

問題23 要介護認定について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.要介護認定等基準時間には、「じょく瘡の処置」が含まれる。
2.要介護認定等基準時間には、「家族の介護負担」が含まれる。
3.主治医意見書の項目には、「短期記憶」の問題の有無が含まれる。
4.主治医意見書の項目には、「社会参加」の状況が含まれる。
5.主治医意見書の項目には、「対人交流」の状況が含まれる。

猫の写真

解答

1、3

解説

1.要介護認定等基準時間には、「じょく瘡の処置」が含まれる。
→◯
2.要介護認定等基準時間には、「家族の介護負担」が含まれる。
→×

 要介護認定の一次判定では、認定調査の基本調査の結果をコンピュータに入力し、下表の5分野の行為ごとに、1日あたりの必要な介護時間を推計した要介護認定等基準時間を出します(2018中央法規ワークブックP42、八訂基本テキスト1巻P93)。

5分野の行為
直接生活援助 ・食事
・排泄
・移動
・清潔保持
間接生活援助 洗濯、掃除等の家事援助など
認知症の行動・心理症状関連行為 徘徊に対する探索、不潔な行為に対する後始末など
機能訓練関連行為 歩行訓練、日常生活訓練などの機能訓練
医療関連行為 輸液の管理、褥瘡の処置などの診療の補助

 選択肢1の「じょく瘡の処置」は上表の「医療関連行為」に含まれるため、解答は◯になります。
 選択肢2の「家族の介護負担」は含まれないため、解答は×になります。

3.主治医意見書の項目には、「短期記憶」の問題の有無が含まれる。
→◯
4.主治医意見書の項目には、「社会参加」の状況が含まれる。
→×
5.主治医意見書の項目には、「対人交流」の状況が含まれる。
→×

 主治医意見書の項目には、次のものがあります(2018中央法規ワークブックP41、八訂基本テキスト1巻P92)。

主治医意見書の項目
基本情報
1 傷病に関する意見
2 特別な医療
3 心身の状態に関する意見
4 生活機能とサービスに関する意見
5 その他特記事項
項目の詳細
主治医意見書の項目
主治医意見書の項目 (2018中央法規ワークブックP41、八訂基本テキスト1巻P92) 申請者 氏名 生年月日(明...

 選択肢3の「短期記憶」の問題の有無は、上記の「3 心身の状態に関する意見」に含まれるため、解答は◯になります。
 選択肢4の「社会参加」と選択肢5の「対人交流」は上記に含まれないため、これらの解答は×になります。

トップへ戻る