第20回 問題24

問題24 介護認定審査会について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.審査対象者を担当する介護支援専門員が参加しなければならない。
2.地域包括支援センター職員が参加しなければならない。
3.原則として、保険者である市町村の職員は委員となることができない。
4.審査対象者の主治医の意見を聞くことはできない。
5.必要に応じて、審査対象者の家族の意見を聞くことができる。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

3、5

解説

1.審査対象者を担当する介護支援専門員が参加しなければならない。
 →×

2.地域包括支援センター職員が参加しなければならない。
 →×

 介護認定審査会の委員は、保健・医療・福祉に関する学識経験者とされています(2018中央法規ワークブックP46、七訂基本テキスト1巻P89)。
 そして、選択肢1にある「対象者を担当する介護支援専門員」と選択肢2にある「地域包括支援センター職員」が参加しなければならないという規定はありません。そのため、これらの解答は×になります。

3.原則として、保険者である市町村の職員は委員となることができない。
 →◯

 介護保険最新情報vol.115の「介護認定審査会の運営について(平成21年老発0930第6号)」に、認定審査会の委員について、次のような記載があります(七訂基本テキスト1巻P90)。そのため、解答は◯になります。

(3)保険者との関係について
 認定審査会における審査判定の公平性を確保するため、原則として保険者である市町村の職員を委員として委嘱することができない。ただし、委員確保が困難な場合、保健、医療又は福祉の学識経験者であり、認定調査等の介護保険事務に直接従事していない市町村の職員を委員に委嘱することができる。

4.審査対象者の主治医の意見を聞くことはできない。
 →×

 介護認定審査会は、審査・判定にあたって必要があると認めるときは、被保険者、その家族、主治医などの関係者から意見を聴くことができるとされています(2018中央法規ワークブックP43、七訂基本テキスト1巻P84)。そのため、解答は◯になります。

5.必要に応じて、審査対象者の家族の意見を聞くことができる。
 →◯

 選択肢4の解説にあるとおり、被保険者の家族から意見を聴くことができるとされています。そのため、解答は◯になります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る