第20回 問題26

問題26 検査について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.低栄養指標には、BMI(Body Mass Index)が18.5未満、血清アルブミン値が3.5g/dL以下などがある。
2.ヘモグロビンA1cの値は、過去1~2か月の血糖レベルを反映している。
3.大動脈疾患や進行した動脈硬化の場合は、左右の上肢で血圧に差がみられることがある。
4.狭心症は、症状がなくても心電図により必ず診断できる。
5.血色素の基準値は、性別で異ならない。

※選択肢5は、日本人間ドック学会 判定区分表改定のため、改編しています。詳しくは後述。

猫の写真

解答

1、2、3

解説

1.低栄養指標には、BMI(Body Mass Index)が18.5未満、血清アルブミン値3.5g/dL以下などがある。
 →◯

 高齢者の低栄養は、以下のような血清アルブミン値、BMI、体重減少率、食事摂取量などによって評価・判定をします(2018中央法規ワークブックP261、八訂基本テキスト3巻P76・P372・P373)。そのため、解答は◯になります。

PEMのリスク指標
BMI 18.5kg/m2未満
体重減少率 半年間で5%以上
血清アルブミン値 3.5g/dL以下
食事摂取量の減少 75%以下

 なお、BMIは、肥満度を示す指数で、体重kg÷(身長m×身長m)という計算式で出します。
 また、高齢になるとエネルギー消費が少なくなり、食欲が低下しがちです。加齢によって消化器も機能低下してきます。こうしたことから、高齢者では低栄養が問題になります(2018中央法規ワークブックP192、八訂基本テキスト3巻P8)。

2.ヘモグロビンA1cの値は、過去1~2か月の血糖レベルを反映している。
 →◯

 ヘモグロビンA1c(糖化ヘモグロビン、HbA1c)は、糖がヘモグロビンと結合している割合を示すものです。これは、過去1~2か月の平均的な血糖レベルを反映しています(2018中央法規ワークブックP228、八訂基本テキスト3巻P78)。そのため、解答は◯になります。

3.大動脈疾患や進行した動脈硬化の場合は、左右の上肢で血圧に差がみられることがある。
 →◯

 大動脈疾患や進行した動脈硬化、片麻痺の場合、左右の上肢で血圧に差がみられることがあるため、左右どちらでも血圧測定をする必要があります(八訂基本テキスト3巻P72)。そのため、解答は◯になります。

4.狭心症は、症状がなくても心電図により必ず診断できる。
 →×

 狭心症は、発作がおさまって症状がないときには、心電図での異常はみられないことが多くあります。そのため、解答は×になります(2018中央法規ワークブックP204、八訂基本テキスト3巻P128)。

5.血色素の基準値は、性別で異ならない。
 →×

 血色素(Hb)の基準値(基準範囲)は、男性では13.1~16.3、女性では12.1~14.5とされています(2018中央法規ワークブックP228、八訂基本テキスト3巻P81)。このように性別によって基準値が異なるため、解答は×になります。

※出題当時は「5.赤血球数や血色素の基準値は、性別で異ならない。」で解答×でしたが、日本人間ドック学会 判定区分表の改定により、赤血球数についての記述が削除されたため、上記のように改編しています。

基本検査項目/判定区分 - 日本人間ドック学会の公式サイトです。学術大会、学会誌、認定医・専門医制度、人間ドック健診施設機能評価事業などについて、情報を発信しています。
トップへ戻る