第20回 問題27【平成29年度 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題27 高齢者に多い疾病について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.関節リウマチでは、朝の起床時に指の関節がこわばり、屈曲しにくくなる。
2.脊柱管狭窄症では、腰痛、下肢痛、しびれはみられない。
3.大腿骨頚部骨折の受傷原因として最も多いのは、転倒である。
4.加齢黄斑変性症は、高齢者の重篤な視力障害の原因の一つである。
5.ノルウェー疥癬(角化型疥癬)は、ダニの数が少ないので、感染力が弱い。

猫の写真

解答

1、3、4

解説

1.関節リウマチでは、朝の起床時に指の関節がこわばり、屈曲しにくくなる。
→◯

 関節リウマチは、原因不明の全身における免疫異常によって髄膜炎を起こすことにより、さまざまな症状が現れる疾患です。

 初期の症状としては、朝の手指の関節のこわばり、関節の腫脹(腫れ)・痛み・熱感などがみられます(2020ユーキャン速習レッスンP207、八訂基本テキスト3巻119)。そのため、解答は◯になります。

 腫脹が長く続くと、靭帯などの軟部組織が伸展され、関節の固定性が失われます。さらに、炎症による骨破壊が進むと、関節の変形・拘縮が起きます。頚椎が破壊されると、頸部痛が生じ、頸部関節の不安定となってしびれなどの神経症状が起きます。亜脱臼によって髄膜が圧迫されると、急死する可能性もあります。

2.脊柱管狭窄症では、腰痛、下肢痛、しびれはみられない。
→×

 脊柱管狭窄症は、主に腰部の脊柱管が狭くなり、内部の脊髄(神経)が圧迫されて、さまざまな症状が出現する疾患です(2020ユーキャン速習レッスンP207、八訂基本テキスト3巻P120)。
 主な症状としては、腰痛、下肢痛、しびれがみられます。また、特徴的な症状として、間欠性跛行(歩くと痛みを感じ、立ち止まると軽減する症状)があります。そのため、解答は×になります。

3.大腿骨頚部骨折の受傷原因として最も多いのは、転倒である。
→◯

 加齢に伴い、筋力・耐久力・バランス力の低下によって転倒のリスクが増大し、骨折をする危険性が増加します。特に多いのは、大腿骨頚部骨折、胸腰椎圧迫骨折、撓骨遠位端骨折、助骨骨折です(2020ユーキャン速習レッスンP209、八訂基本テキスト3巻P124)。そのため、解答は◯になります。

4.加齢黄斑変性症は、高齢者の重篤な視力障害の原因の一つである。
→◯

 黄斑とは、網膜の中心にある黄色い部分のことで、これが加齢によって萎縮・変性した疾患が加齢黄斑変性症です。
 症状は、早期では視野の中心部のゆがみが生じ、進行すると中心暗点(視野の真ん中が見えない)となって視力が低下します。失明のおそれもあります(2020ユーキャン速習レッスンP212、八訂基本テキスト3巻P169)。そのため、解答は◯になります。

5.ノルウェー疥癬(角化型疥癬)は、ダニの数が少ないので、感染力が弱い。
→×

 疥癬には、通常の疥癬と、ダニが多く皮膚がゴワゴワするノルウェー疥癬(多角型疥癬)があります。後者は、非常に強い感染力を有しています(2020ユーキャン速習レッスンP213、八訂基本テキスト3巻P159)。そのため、解答は×になります。

トップへ戻る