第20回 問題28

問題28 循環器に関する次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.心筋梗塞、弁膜症による心不全では、呼吸困難などの呼吸器症状は出現しない。
2.心房細動は、脳梗塞の原因の一つである。
3.心筋梗塞には、発症後短時間であれば、閉塞した冠動脈の再疎通療法が適応となる場合がある。
4.不整脈は、心臓自体の異常のほか、ストレスや喫煙、睡眠不足、飲酒などで起こることもある。
5.起立性低血圧が認められた場合には、心臓の負荷を減らすため、血管拡張薬が処される。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

2、3、4

解説

1.心筋梗塞、弁膜症による心不全では、呼吸困難などの呼吸器症状は出現しない。
 →×

 心不全の主な原因疾患には、心筋梗塞、弁膜症、不整脈、高血圧性の心肥大などがあります。
 症状は、労作時の息切れ、呼吸困難、食欲低下、浮腫などの軽度のものから、肺水腫やショック状態となる重篤なものまで、重症度によりさまざまです(2018中央法規ワークブックP205、七訂基本テキスト3巻P45)。そのため、解答は×になります。

2.心房細動は、脳梗塞の原因の一つである。
 →◯

 心房細動とは、心房が震えて規則正しい収縮ができなくなる不整脈で、これにより血流がよどんで、主に左心房の壁に血栓が生じやすくなります。
 この血栓がはがれて動脈を流れて行き、脳内の血管に詰まると脳梗塞になります(2018中央法規ワークブックP199、七訂基本テキスト2巻P29・P88)。そのため、解答は◯になります。

3.心筋梗塞には、発症後短時間であれば、閉塞した冠動脈の再疎通療法が適応となる場合がある。
 →◯

 心筋梗塞は、冠動脈が動脈硬化などによって閉塞し、心筋が壊死して心臓のポンプ機能が低下する疾患です。
 発症してすぐであれば、閉塞した冠動脈を再疎通させる治療法の適応となります(2018中央法規ワークブックP203、七訂基本テキスト3巻P42)。そのため、解答は◯になります。

 なお、慢性期の治療では、心不全の管理、再発の予防が中心になります。

4.不整脈は、心臓自体の異常のほか、ストレスや喫煙、睡眠不足、飲酒などで起こることもある。
 →◯

 不整脈は、心臓自体の異常によって起こるだけでなく、ストレス、喫煙、睡眠不足、飲酒、過労など不規則な生活習慣によって引き起こされることがあります(2018中央法規ワークブックP206、七訂基本テキスト3巻P47)。そのため、解答は◯になります。

5.起立性低血圧が認められた場合には、心臓の負荷を減らすため、血管拡張薬が処される。
 →×

 起立性低血圧は、血管拡張薬や降圧剤、利尿薬、抗うつ剤などの薬剤が原因となることもあります。また、飲酒、パーキンソン病なども原因となります(2018中央法規ワークブックP223、七訂基本テキスト3巻P89)。そのため、解答は×になります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る