第20回 問題29【平成29年 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

問題29 呼吸器疾患について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.急性上気道炎では、ウイルス感染が疑われる場合であっても、肺炎予防のために抗菌薬を使用する。
2.誤嚥性肺炎は、口腔咽頭分泌物などを繰り返し誤嚥することにより発症する。
3.慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が使用される。
4.慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、介護保険法の特定疾病に指定されている。
5.慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、発症すると症状は改善しないため、禁煙する要はない。

猫の写真

解答

2、3、4

解説

1.急性上気道炎では、ウイルス感染が疑われる場合であっても、肺炎予防のために抗菌薬を使用する。
→×

 上気道(鼻、咽頭、喉頭)に急性炎症をきたす疾患の総称が、急性上気道炎です(いわゆる風邪症候群のこと)。原因の大半はウイルスで、この場合は安静や水分補給によって自然治癒します。したがって、一般的には抗菌薬は不要で、解熱剤も適宜に使用する程度でよいと言えます(2018中央法規ワークブックP208、八訂基本テキスト3巻P156)。

 ただし、高齢者の場合は対応が遅れると下気道(気管、気管支、肺)感染や食欲不振、脱水など重症となることがあるため、早めの介入が大切です。

2.誤嚥性肺炎は、口腔咽頭分泌物などを繰り返し誤嚥することにより発症する。
→◯

 高齢者は加齢に伴い唾液分泌量が低下し、口腔内に細菌が繁殖しやすくなります。そして、口腔や咽頭の分泌物などを繰り返し誤嚥すると、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります(2018中央法規ワークブックP208、八訂基本テキスト3巻P156)。

3.慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が使用される。
→◯

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、喫煙者の場合は、まず禁煙が基本になります。そして、薬物療法(気管支拡張薬の吸入が中心、重症の場合は吸入ステロイド薬)や呼吸リハビリテーションが行われます。低酸素血症が進行し、ADLが低下した場合は在宅酸素療法(HOT)が行われます(2018中央法規ワークブックP207、八訂基本テキスト3巻P154)。

4.慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、介護保険法の特定疾病に指定されている。
→◯

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、介護保険法の特定疾病のひとつです(2018中央法規ワークブックP37、八訂基本テキスト1巻P86・3巻P154)。

5.慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、発症すると症状は改善しないため、禁煙する要はない。
→×

 選択肢3の解説にあるように、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、喫煙者の場合は、まず禁煙が基本になります。

トップへ戻る