第20回 問題38

問題38 高齢者のリハビリテーションについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.安静臥床が続くと心肺機能などが低下するため、早期離床を図る。
2.左半側空間失認では、右半分に注意を向けるようなリハビリテーションの工夫をする。
3.リハビリテーションでは、低血糖発作の出現、痛みの増悪、転倒リスクの増大などに対する注意が必要である。
4.福祉用具の給付は、障害者総合支援法が介護保険法に優先する。
5.回復期リハビリテーションでは、機能回復、ADLの向上及び早期の社会復帰を目指す。

猫の写真

解答

1、3、5

解説

1.安静臥床が続くと心肺機能などが低下するため、早期離床を図る。
→◯

 ベッド上での生活を続けるなど、過度に安静にしていると廃用症候群(日常生活の活動性の低下に伴って生じる身体的および精神機能の全般的な低下)になってしまう危険性があります。ですので、リハビリテーションを行うことにより、早期離床を目指すのは適切です(2018中央法規ワークブックP242、八訂基本テキスト3巻P300)。

2.左半側空間失認では、右半分に注意を向けるようなリハビリテーションの工夫をする。
→×

 失認は、高次機能障害のひとつで、知覚機能(視力、聴力、触力など)に障害はないのに、対象を把握できなくなるものです。
 このうち、左片麻痺の人に多くみられるのが、左半側空間失認です。左半側空間失認では、左側から話しかけても気づきにくい、食事の際に左側に置かれたおかずを残す、歩行の際に左側の障害物によくぶつかる、といったことがあります。この場合、左側から話しかけたり、左側に目印を付けたりなど、失認のある側に注意を向けるリハビリテーションが有効です(2018中央法規ワークブックP244、八訂基本テキスト3巻P305)。

3.リハビリテーションでは、低血糖発作の出現、痛みの増悪、転倒リスクの増大などに対する注意が必要である。
→◯

 リハビリテーション中に起こりやすいリスクには、次のようなものがあります(2018中央法規ワークブックP242、八訂基本テキスト3巻P298)。リハビリテーション中は、これらに対して注意が必要です。

リハビリテーション中に起こりやすいリスク
運動に伴うリスク……低血糖発作、胸痛、不整脈、呼吸困難、痛みの増悪、転倒リスクの増大、痙攣発作など
食事介助に伴うリスク……誤嚥、窒息
医療機器の取り扱いに伴うリスク……人工呼吸器、酸素吸入、中心静脈栄養など
リハビリテーション治療機器の取り扱いに伴うリスク……温熱療法、電気刺激療法、牽引療法、斜面台、平行棒など
4.福祉用具の給付は、障害者総合支援法が介護保険法に優先する。
→×

 介護保険法と障害者総合支援法で内容が重なるものは、介護保険法が優先して適用されます。ですので、福祉用具で内容が重なるものは、介護保険法が優先します(2018中央法規ワークブックP50、八訂基本テキスト1巻P131・3巻P509)。

他法との給付調整の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
他法との給付調整【一問一答 ケアマネ試験対策】
他法との給付調整について、◯か×で答えなさい Q1 労働者災害補償保険法による療養補償給付よりも、介護保険の給付が優先する。 ...
5.回復期リハビリテーションでは、機能回復、ADLの向上及び早期の社会復帰を目指す。
→◯

 回復期リハビリテーションは、急性期に続いて、機能回復、ADLの向上、早期の社会復帰を目的として行われます(2018中央法規ワークブックP241、八訂基本テキスト3巻P295)。

リハビリテーションの分類
予防的リハビリテーション 加齢による心身機能の低下が進んで要介護となるリスクが高い人に対して、介護予防として行われる。介護保険の給付対象で、地域支援事業においても行われている。
治療的リハビリテーション 医療保険の給付対象で、以下の2つがある。

急性期リハビリテーション……発症(手術)直後から、廃用症候群の予防を目的として行われる。
回復期リハビリテーション……急性期に続いて、機能回復、ADLの向上、早期の社会復帰を目的として行われる。
維持的リハビリテーション 治療的リハビリテーションで獲得された機能を維持・向上するために行われる。介護保険の給付対象となる。
トップへ戻る