第20回 問題47

問題47 ソーシャルワークに関する記述のうち、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.家族からサービスの利用を取り止めたいとの連絡があったときは、すぐに中止の手続きをする。
2.認知症のクライエントは自分で判断することが困難であるため、専ら家族の判断を仰ぐ。
3.同居家族がいるクライエントからの訪問介護サービスの利用希望に対しては、まず家族による支援を受けるよう指導する。
4.家族との関係が悪化しているクライエントに対しては、家族関係の調整を継続的に行う。
5.家族の過重な介護負担を軽減するために、必要な介護サービスを有効に活用する。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

4、5

解説

1.家族からサービスの利用を取り止めたいとの連絡があったときは、すぐに中止の手続きをする。
 →×

 ソーシャルワークにおいては、クライエントの自己決定が原則です(2018中央法規ワークブックP349、七訂基本テキスト3巻P430)。そのため、家族からサービス利用の中止の申し入れがあった場合などは、クライエント本人に確認する必要があります。

2.認知症のクライエントは自分で判断することが困難であるため、専ら家族の判断を仰ぐ。
 →×

 選択肢1の解説にあるように、ソーシャルワークにおいては、クライエントの自己決定が原則です。認知症などで判断能力が低下しているクライエントの場合は、コミュニケーション方法を工夫したり時間をかけたりして、自己決定ができるよう支援していくことが大切です。

3.同居家族がいるクライエントからの訪問介護サービスの利用希望に対しては、まず家族による支援を受けるよう指導する。
 →×

 同居家族がいる場合でも、その人の仕事や心身状態などによっては、クライエントの介護が十分にできないこともあります。そのため、クライエントから現在の状況を聞いたうえで、訪問介護が必要かどうかを検討する必要があります。

4.家族との関係が悪化しているクライエントに対しては、家族関係の調整を継続的に行う。
 →◯

 選択肢1の解説にあるように、ソーシャルワークにおいては、クライエントの自己決定が原則です。クライエントと家族の間に問題がある場合はそれを調整して、それぞれが安定した生活を実現できるよう支援し、最終的にクライエントが自己決定できるようにします。

5.家族の過重な介護負担を軽減するために、必要な介護サービスを有効に活用する。
 →◯

 クライエントが、ニーズに対応する適切な介護サービスなどを利用できれば、家族の介護負担も軽減します。こうした家族のレスパイトケア(家族の身体的・精神的負担の軽減)も、ソーシャルワークの目的のひとつと言えます。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る