第20回 問題54

問題54 介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.訪問入浴介護の目的には、心身の機能の維持が含まれる。
2.サービス提供の責任者は、入浴介護に関する知識や技術を有する者でなくてもよい。
3.緊急時の対応のため、協力医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい。
4.皮膚に直に接するタオル等は、利用者一人ごとに取り替えるなど、安全清潔なものを使用する。
5.事業所の専用の事務室には、利用申込の受付や相談に対応するためのスペースは必要としない。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

1、3、4

解説

1.訪問入浴介護の目的には、心身の機能の維持が含まれる。
 →◯

 訪問入浴介護の基準の「基本方針」において「要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、居宅における入浴の援助を行うことによって、利用者の身体の清潔の保持、心身機能の維持等を図るものでなければならない」と規定されています(2018中央法規ワークブックP394、七訂基本テキスト2巻P58)。そのため、解答は◯になります。

2.サービス提供の責任者は、入浴介護に関する知識や技術を有する者でなくてもよい。
 →×

 訪問入浴介護の運営基準の解釈通知において「サービスの提供の責任者」について「入浴介護に関する知識や技術を有した者」と規定されています(2018中央法規ワークブックP396、七訂基本テキスト2巻P67)。そのため、解答は×になります。

3.緊急時の対応のため、協力医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい。
 →◯

 訪問入浴介護の運営基準の解釈通知において「協力医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい」と規定されています(2018中央法規ワークブックP396、七訂基本テキスト2巻P68)。そのため、解答は◯になります。

4.皮膚に直に接するタオル等は、利用者一人ごとに取り替えるなど、安全清潔なものを使用する。
 →◯

 訪問入浴介護の運営基準において「サービスの提供に用いる設備、器具その他の用品の使用に際して安全及び清潔の保持に留意し、特に利用者の身体に接触する設備、器具その他の用品については、サービスの提供ごとに消毒したものを使用する」と規定されています(2018中央法規ワークブックP396、七訂基本テキスト2巻P68)。そのため、解答は◯になります。

5.事業所の専用の事務室には、利用申込の受付や相談に対応するためのスペースは必要としない。
 →×

 訪問入浴介護の設備基準において「事業の運営を行うために必要な広さを有する専用の区画を設ける」と規定されています(2018中央法規ワークブックP395、七訂基本テキスト2巻P67)。
 また、解釈通知において「専用の事務室又は区画については、利用申込の受付、相談等に対応するのに適切なスペース(中略)を確保する必要がある」と規定されています。そのため、解答は×になります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る