第19回 問題53

問題53 介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.看護職員の配置は、義務付けられていない。
2.おむつ代は、利用料以外の料金として支払いを受けることができる。
3.認知症介護指導者養成研修を修了した職員を配置していれば、認知症の程度にかかわらず、認知症加算を算定できる。
4.通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者がサービスを利用する場合であっても、通所介護費を減算されることはない。
5.利用者に病状の急変が生じた場合は、主治の医師への連絡等の措置を講じなければならない。

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

解答

2、5

解説

1.看護職員の配置は、義務付けられていない。
 →×

 通所介護の人員基準では、看護職員は、単位ごとに専従で1人以上と規定されています(2018中央法規ワークブックP400、七訂基本テキスト2巻P167)。そのため、解答は×になります。

関連Q&A↓
通所サービスを提供する「単位」とは、どういうことですか?
 この場合の「単位は、簡単に言うと「同じ場所で、一緒にサービスを提供する」ということになります。  たとえば、午前中にAの部屋でアさん、イさん、ウさんの3人に一緒に通所介護を提供する場合は、1単位です。  また、たとえば午前中にAの部屋でアさん、イさん、ウさんの3人に一緒に通所介護を提供して、同じく午前中にBの部屋でエさん、オさん、カさんの3人に一緒に通所介護を提供する場合は、合計2単位です。  それから、同じ部屋でも、時間帯が違えば、単位も異なります。  たとえば、午前中にAの部屋でアさん、イさん、ウさんの3人に一緒に通所介護を提供した場合、これで1単位です。  午後に同じくAの部屋でエさん、オさん、カさんの3人に一緒に通所介護を提供した場合、これで1単位です。  合計で2単位になります。

2.おむつ代は、利用料以外の料金として支払いを受けることができる。
 →◯

 利用者から、次の費用を徴収できるとされており、そこにおむつ代が含まれます(2018中央法規ワークブックP401、七訂基本テキスト2巻P168)。そのため、解答は◯になります。

通所介護において利用者から徴収できる費用
通常の事業の実施地域以外に送迎する費用
通常の時間を超えるサービス(預かりサービス)の費用
食費
おむつ代
その他日常生活費

3.認知症介護指導者養成研修を修了した職員を配置していれば、認知症の程度にかかわらず、認知症加算を算定できる。
 →×

 認知症加算は、指定基準に規定する介護職員または看護職員の員数に加え、介護職員または看護職員を常勤換算方法で2人以上、認知症介護指導者養成研修等を修了した者を1人以上確保しているなどの要件を満たしたうえで、認知症高齢者の日常生活自立度III以上の利用者に対して算定します(2018中央法規ワークブックP404、七訂基本テキスト2巻P170)。つまり、認知症の程度が関係するということであり、そのため解答は×になります。

4.通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者がサービスを利用する場合であっても、通所介護費を減算されることはない。
 →×

 通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者の場合は、(送迎をする必要がないので)減算となります(2018中央法規ワークブックP406、七訂基本テキスト2巻P169)。そのため、解答は×になります。
 ただし、一時的に送迎が必要な利用者、その他やむを得ず送迎が必要な利用者に送迎を行う場合は、減算はされません。

5.利用者に病状の急変が生じた場合は、主治の医師への連絡等の措置を講じなければならない。
 →◯

 通所介護の運営基準において「サービスの提供を行っているときに利用者に病状の急変が生じた場合その他必要な場合は、速やかに主治の医師への連絡を行う等の必要な措置を講じなければならない」と規定されています。そのため、解答は×になります。

スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)
ワークブック 基本テキスト
以下のリンクから、本を購入できます。

中央法規
ケアマネジャー試験
ワークブック2018

www.amazon.co.jp

七訂
介護支援専門員
基本テキスト

item.rakuten.co.jp
※平成30年5月末に「八訂」が発行される予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る