第21回 問題21【平成30年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題21 要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.認定調査票の基本調査項目には、口腔清潔に関する項目が含まれる。
2.認定調査票の基本調査項目には、主たる介護者に関する項目が含まれる。
3.認定調査票の基本調査項目には、集団への不適応に関する項目が含まれる。
4.要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、疼痛の看護が含まれる。
5.要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、認定調査票の特記事項の内容が含まれる。

猫の写真

解答

1、3、4

解説

 認定調査の基本調査の項目は、次のものです(2021ユーキャン速習レッスンP56、八訂基本テキスト1巻P90)。

認定調査の基本調査の項目
身体機能・起居動作に関連する項目
生活機能に関連する項目
認知機能に関連する項目
精神・行動障害に関連する項目
社会生活への適応に関連する項目
特別な医療に関する項目
日常生活自立度に関連する項目
項目の詳細
概況調査の項目
Ⅰ 調査実施者(記入者)
実施日時、実施場所、記入者氏名・所属機関
Ⅱ 調査対象者
過去の認定(初回・2回め以降)、前回認定結果、対象者氏名・生年月日・住所、家族等連絡先など
Ⅲ 現在受けているサービスの状況・頻度
介護保険のサービス、介護保険給付外の在宅サービス、施設など
Ⅳ 調査対象者の家族状況、調査対象者の居住環境(外出が困難になるなど日常生活に支障となるような環境の有無)、日常的に使用する機器・器械の有無などについて特記すべき事項
 
基本調査の項目
1 身体機能・起居動作に関連する項目
1-1 麻痺等の有無 1-2 拘縮の有無 1-3 寝返り 1-4 起き上がり 1-5 座位保持 1-6 両足での立位保持 1-7 歩行 1-8 立ち上がり 1-9 片足での立位 1-10 洗身 1-11 つめ切り 1-12 視力 1-13 聴力
2 生活機能に関連する項目
2-1 移乗 2-2 移動 2-3 えん下 2-4 食事摂取 2-5 排尿 2-6 排便 2-7 口腔清潔 2-8 洗顔 2-9 整髪 2-10 上衣の着脱 2-11 ズボン等の着脱 2-12 外出頻度
3 認知機能に関連する項目
3-1 意思の伝達 3-2 毎日の日課を理解 3-3 生年月日や年齢を言う 3-4 短期記憶 3-5 自分の名前を言う 3-6 今の季節を理解する 3-7 場所の理解 3-8 徘徊 3-9 外出すると戻れない
4 精神・行動障害に関連する項目
4-1 被害的になる(物を盗られたなど) 4-2 作話 4-3 感情が不安定になる(泣いたり、笑ったりが不安定) 4-4 昼夜逆転がある 4-5 しつこく同じ話をする 4-6 大声を出す 4-7 介護に抵抗する 4-8 落ち着きがない(「家に帰る」と言うなど) 4-9 一人で外に出たがり目が離せない 4-10 いろいろなものを集めたり、無断でもってくる 4-11 物を壊したり、衣類を破いたりする 4-12 ひどい物忘れ 4-13 意味もなく独り言や独り笑いをする 4-14 自分勝手に行動する 4-15 話がまとまらず、会話にならない
5 社会生活への適応に関連する項目
5-1 薬の内服 5-2 金銭の管理 5-3 日常の意思決定 5-4 集団への不適応 5-5 買い物 5-6 簡単な調理
6 特別な医療に関する項目
6 過去14日間に受けた特別な医療 【処置内容】 1.点滴の管理 2.中心静脈栄養 3.透析 4.ストーマ(人工肛門)の処置 5.酸素療法 6.レスピレーター(人工呼吸器) 7.気管切開の処置 8.疼痛の看護 9.経管栄養 【特別な対応】 10.モニター測定(血圧、心拍、酸素飽和度等) 11.じょくそうの処置 【失禁への対応】 12.カテーテル(コンドームカテーテル、留置カテーテル、ウロストーマ等)
7 日常生活自立度に関連する項目
7-1 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度) 7-2 認知症高齢者の日常生活自立度
 
特記事項の項目
1 身体機能・起居動作に関連する項目についての特記事項
2 生活機能に関連する項目についての特記事項
3 認知機能に関連する項目についての特記事項
4 精神・行動障害に関連する項目についての特記事項
5 社会生活への適応に関連する項目についての特記事項
6 特別な医療に関する項目についての特記事項
7 日常生活自立度に関連する項目についての特記事項

 以上を踏まえて、各選択肢を見ていきます。

1.認定調査票の基本調査項目には、口腔清潔に関する項目が含まれる。
→◯

 上記の「2 生活機能に関連する項目」に、口腔清潔に関する項目が含まれます。そのため、解答は◯になります。

2.認定調査票の基本調査項目には、主たる介護者に関する項目が含まれる。
→×

 認定調査の基本調査の項目に、主たる介護者に関する項目は含まれません。そのため、解答は×になります。

 なお、課題分析標準項目の「21 介護力」に、主たる介護者に関する項目が含まれます。

項目の詳細
基本情報に関する項目
No. 標準項目名 項目の主な内容(例)
1 基本情報(受付、利用者等基本情報) 居宅サービス計画作成についての利用者受付情報(受付日時、受付対応者、受付方法など)、利用者の基本情報(氏名、性別、生年月日・住所・電話番号などの連絡先)、利用者以外の家族などの基本情報について記載する項目
2 生活状況 利用者の現在の生活状況、生活歴などについて記載する項目
3 利用者の被保険者情報 利用者の被保険者情報(介護保険、医療保険、生活保護、身体障害者手帳の有無など)について記載する項目
4 現在利用しているサービスの状況 介護保険給付の内外を問わず、利用者が現在受けているサービスの状況について記載する項目
5 障害老人の日常生活自立度 障害老人の日常生活自立度について記載する項目
6 認知症である老人の日常生活自立度 認知症である老人の日常生活自立度について記載する項目
7 主訴 利用者とその家族の主訴や要望について記載する項目
8 認定情報 利用者の認定結果(要介護状態区分、介護認定審査会の意見、支給限度基準額など)について記載する項目
9 課題分析(アセスメント)理由 当該課題分析(アセスメント)の理由(初回、定期、退院退所時など)について記載する項目
 
課題分析(アセスメント)に関する項目
No. 標準項目名 項目の主な内容(例)
10 健康状態 利用者の健康状態(既往歴、主傷病、症状、痛みなど)について記載する項目
11 ADL ADL(寝返り、起きあがり、移乗、歩行、着衣、入浴、排泄など)に関する項目
12 IADL 利用者の被保険者情報(介護保険、医療保険、生活保護、身体障害者手帳の有無など)について記載する項目
13 認知 日常の意思決定を行うための認知能力の程度に関する項目
14 コミュニケーション能力 意思の伝達、視力、聴力などのコミュニケーションに関する項目
15 社会との関わり 社会との関わり(社会的活動への参加意欲、社会との関わりの変化、喪失感や孤独感など)に関する項目
16 排尿・排便 失禁の状況、排尿排泄後の後始末、コントロール方法、頻度などに関する項目
17 褥瘡・皮膚の問題 褥瘡の程度、皮膚の清潔状況などに関する項目
18 口腔衛生 歯・口腔内の状態や口腔衛生に関する項目
19 食事摂取 食事摂取(栄養、食事回数、水分量など)に関する項目
20 問題行動 問題行動(暴言暴行、徘徊、介護の抵抗、収集癖、火の不始末、不潔行為、異食行動など)に関する項目
21 介護力 利用者の介護力(介護者の有無、介護者の介護意思、介護負担、主な介護者に関する情報など)に関する項目
22 居住環境 住宅改修の必要性、危険個所などの現在の居住環境について記載する項目
23 特別な状況 特別な状況(虐待、ターミナルケアなど)に関する項目
3.認定調査票の基本調査項目には、集団への不適応に関する項目が含まれる。
→◯

 上記の「5 社会生活への適応に関連する項目」に、集団への不適応に関する項目が含まれます。そのため、解答は◯になります。

4.要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、疼痛の看護が含まれる。
→◯

  要介護認定等基準時間の算定の合算対象に、認定調査票の基本調査の「6 特別な医療に関する項目」があり、ここに「疼痛の看護」が含まれます(2021ユーキャン速習レッスンP60、八訂基本テキスト1巻P94)。そのため、解答は◯になります。

5.要介護認定等基準時間の算定の合算対象には、認定調査票の特記事項の内容が含まれる。
→×

 要介護認定等基準時間の算定の合算対象に、認定調査票の特記事項の内容は含まれません。そのため、解答は×になります。

 なお、認定調査票の特記事項は、介護認定審査会での二次判定で用いられます。

要介護認定等基準時間の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
一次判定・要介護認定等基準時間について、◯か×で答えなさい Q1 一次判定は、認定調査の基本調査及び特記事項により行われる。 ...
トップへ戻る