第21回 問題24【平成30年 ケアマネ試験 介護支援分野】

問題24 Aさん(85歳女性)は、大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も、同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦は、お互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.トイレ介助の負担を減らすため、排泄についてはおむつを利用することを提案する。
2.歩行機能の向上を図るため、通所リハビリテーションの利用を提案する。
3.住宅改修の利用を検討するため、住環境のアセスメントを提案する。
4.家族介護者の負担を軽減するため、訪問介護による生活援助の利用を提案する。
5.将来に備えて、施設入所を提案する。

猫の写真

解答

2、3

解説

1.トイレ介助の負担を減らすため、排泄についてはおむつを利用することを提案する。
→×

 Aさんは、やや困難が伴うものの、自力での排泄が可能なので、おむつを使用するのではなく、その困難をなくす方向で検討して、本人の自立を支援が大切と言えます。

 なお、利用者の有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるよう支援するのは、介護保険制度の目的のひとつです(2018中央法規ワークブックP17、八訂基本テキスト1巻P54)。

2.歩行機能の向上を図るため、通所リハビリテーションの利用を提案する。
→◯

 Aさんは大腿骨頸部骨折の手術を受け、自力での移動にやや困難を伴うので、その支援のために通所リハビリテーションの利用を提案するのは適切と言えます。

3.住宅改修の利用を検討するため、住環境のアセスメントを提案する。
→◯

 移動や排泄にやや困難を伴うAさんに対して、移動を支援するために手すりやスロープを設置したり、トイレを使いやすいように改修するといった住宅改修を検討し、そのための住環境のアセスメントを提案するのは適切と言えます。

4.家族介護者の負担を軽減するため、訪問介護による生活援助の利用を提案する。
→×

 訪問介護の生活援助(掃除、洗濯、ベッドメイク、調理、買い物など)は、同居家族がいる場合は、なぜ同居家族が家事を行うことができないのか、そのサービス内容・時間・回数がなぜ必要なのかを明確にする必要があります(2018中央法規ワークブックP388、八訂基本テキスト2巻P27)。
 設問の場合は、同居している息子夫婦が協力して自宅で介護を行うつもりであるため、訪問介護の生活援助の利用を提案するのは適切とは言えません。

5.将来に備えて、施設入所を提案する。
→×

 Aさん本人も同居している息子夫婦も在宅生活を望んでいるので、施設入所ではなく、在宅での生活を継続できるような提案をするのが適切と言えます。

トップへ戻る