第21回 問題25【平成30年 ケアマネ試験 介護支援分野】

問題25 Aさん(80 歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。Aさんは、「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ。」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.一人暮らしではなくなるため、訪問介護の対象外となることをAさんに伝える。
2.訪問介護が受けられなくなっても自分でできるように、住宅改修を提案する。
3.息子に対して、Aさんに必要な援助ができる状況かを確認する。
4.Aさんの希望どおり、同居後も今までのサービスを継続することを約束する。
5.改めてアセスメントを行う必要があることをAさんに伝える。

猫の写真

解答

3、5

解説

1.一人暮らしではなくなるため、訪問介護の対象外となることをAさんに伝える。
→×

 訪問介護の生活援助(掃除、洗濯、ベッドメイク、調理、買い物など)は、同居家族がいるからということで、一律に利用できなくなるわけではありません。同居家族がいる場合は、なぜ同居家族が家事を行うことができないのか、そのサービス内容・時間・回数がなぜ必要なのかを明確にすれば、利用が可能なケースもあります(2018中央法規ワークブックP388、八訂基本テキスト2巻P27)。

2.訪問介護が受けられなくなっても自分でできるように、住宅改修を提案する。
→×

 Aさんが利用している訪問介護の生活援助での買物と掃除は、住宅改修を行っても、自分でできるようになるとは考えられません。そのため、住宅改修を提案するのは適切とは言えません。

3.息子に対して、Aさんに必要な援助ができる状況かを確認する。
→◯

 Aさんによると、来月から同居する息子は「精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理」とのことですが、息子は何かしら援助ができるかもしれないと考えている可能性もあるので、それを確認するのは適切と言えます。

4.Aさんの希望どおり、同居後も今までのサービスを継続することを約束する。
→×

 選択肢1の解説にあるように、訪問介護の生活援助は、同居家族がいる場合は、なぜ同居家族が家事を行うことができないのか、そのサービス内容・時間・回数がなぜ必要なのかを明確にする必要があります。
 そして設問の場合は、来月から同居する息子が家事を手伝うことが可能になると考えられるので、Aさんに必要なサービス内容なども変わってきて、これまでと同じくサービスを継続するのが難しい部分が出てくる可能性があります。そのため、今までのサービスの継続を約束するのは適切とは言えません。

5.改めてアセスメントを行う必要があることをAさんに伝える。
→◯

 選択肢4の解説にあるように、来月から同居する息子によって何らかの支援が得られ、Aさんに必要なサービス内容などに変化があることも考えられるので、改めてアセスメントを行う必要があり、それをAさんに伝えるのは適切と言えます。

トップへ戻る