第21回 問題28【平成30年 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

問題28 感染症と感染経路の組合せについて正しいものはどれか。3つ選べ。
1.結核 – 空気感染
2.疥癬 – 飛沫感染
3.インフルエンザ – 空気感染
4.腸管出血性大腸菌感染症 – 接触感染
5.流行性耳下腺炎 – 飛沫感染

猫の写真

解答

1、4、5

解説

 感染経路別の主な感染症と予防策は、次のようになっています(2018中央法規ワークブックP280、八訂基本テキスト3巻P200)。

感染経路別の主な感染症と予防策
感染経路 主な感染症と予防策
接触感染 主な感染症
ノロウイルス感染症(吐物などの処理時は飛沫感染)、腸管出血性大腸菌感染症、疥癬、多剤耐性菌感染症など
感染対策
物品などとの接触で、手指を介して伝播。
職員の手指衛生を徹底する。
嘔吐物や排泄物などと接触する可能性のある場面では、手袋、ガウンまたはエプロンなどを着用し、ケア後は速やかに破棄する。
飛沫感染 主な感染症
ノロウイルス感染症の吐物などの処理時、インフルエンザ、流行性耳下腺炎、風疹など
感染対策
咳、くしゃみ、会話などで飛散した飛沫粒子で伝播(飛沫粒子は1m程度で落下)。
感染症をもつ利用者の2m以内でケアを行う場合は、使い捨てマスクを着用する。
感染症をもつ利用者に咳エチケット(口と鼻をティッシュやハンカチで押さえる、マスクの着用)への協力を求める。
空気感染 主な感染症
結核、麻疹、水痘(帯状疱疹)など
感染対策
咳などで飛散した飛沫粒子が空中を浮遊して伝播。
結核の場合は、専門病院へ入院。
麻疹、水痘の場合は、免疫をもつ職員がケアを行う。免疫のない職員の場合は、高性能マスクを着用し、利用者にも使い捨てマスクの着用を求める。個室管理が原則。

 上表からして、選択肢「1.結核 – 空気感染」と「4.腸管出血性大腸菌感染症 – 接触感染」と「5.流行性耳下腺炎 – 飛沫感染」の解答は◯になります。

 そして、「2.疥癬 – 飛沫感染」と「インフルエンザ – 空気感染」の解答は×になります。
 疥癬は接触感染、インフルエンザは飛沫感染です。

トップへ戻る