第21回 問題34【平成30年 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

問題34 次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.BMI(Body Mass Index)が18.5以上の場合は、肥満とされる。
2.喫煙は、心疾患のリスクを高める。
3.多量の飲酒習慣は、脳卒中のリスクを高める。
4.骨粗鬆症の予防には、運動は効果がない。
5.大腿骨頸部骨折の予防には、ヒップ・プロテクターも効果がある。

猫の写真

解答

2、3、5

解説

1.BMI(Body Mass Index)が18.5以上の場合は、肥満とされる。
→×

 BMIは、肥満度を示す指数で、体重kg÷(身長m×身長m)という計算式で出します。これが18.5未満は低体重25以上は肥満とされています(2018中央法規ワークブックP227、八訂基本テキスト3巻P76)。そのため、解答は×になります。

BMI(Body Mass Index)
低体重:18.5未満 ~ 標準 ~ 25以上:肥満
2.喫煙は、心疾患のリスクを高める。
→◯

 喫煙習慣は、心筋梗塞、狭心症、高血圧症、心不全、不整脈、閉塞性動脈硬化症など心疾患の危険因子となるため、留意する必要があります(2018中央法規ワークブックP203~、八訂基本テキスト3巻P126~)。そのため、解答は◯になります。

3.多量の飲酒習慣は、脳卒中のリスクを高める。
→◯

 脳卒中の日常生活における予防ポイントとしては、食事、運動、嗜好(飲酒、喫煙)の3点があげられます(2018中央法規ワークブックP199、八訂基本テキスト3巻P99)。そのため、解答は◯になります。
 また、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満など)の管理(適度な運動、適正な体重、塩分摂取の制限、十分な睡眠、便秘予防)も大切です。

4.骨粗鬆症の予防には、運動は効果がない。
→×

 骨粗鬆症の危険因子として、女性ホルモンの低下(特に閉経)、カルシウム摂取不足、偏食、運動不足、日光浴不足などがあります(2018中央法規ワークブックP216、八訂基本テキスト3巻P124)。ですので、運動をすることは予防に効果的であり、そのため解答は×になります。

5.大腿骨頸部骨折の予防には、ヒップ・プロテクターも効果がある。
→◯

 大腿骨頸部骨折の予防ポイントとしては以下のものがあり、ここにヒップ・プロテクターの装着が含まれます。そのため、解答は◯になります。

大腿骨頸部骨折の予防ポイント
骨折の要因となる骨粗鬆症の早期発見・早期治療
転倒リスクの軽減(身体的要因・環境的要因をなくす)
転倒しても骨折しにくい環境(床材の変更、ヒップ・プロテクターの装着) など
トップへ戻る