第21回 問題38【平成30年 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

問題38 高齢者に起こりやすい急変や急変時の対応について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)では、数字が小さいほど意識障害が重度である。
2.心不全による呼吸困難は、座位をとらせることで軽減することがある。
3.心筋梗塞による痛みは、胸痛だけでなく、腹痛のこともある。
4.寝たきりの高齢者が嘔吐した場合には、側臥位をとらせた方が吐物で窒息するのを防ぎやすい。
5.発熱時には、直ちに解熱剤を用いて苦痛を緩和する。

猫の写真

解答

2、3、4

解説

1.ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)では、数字が小さいほど意識障害が重度である。
→×

 ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS 「3-3-9度方式」ともいう)では、数字が大きいほど意識障害が重度であることを示します(2018中央法規ワークブックP224、八訂基本テキスト3巻P73)。そのため、解答は×になります。

ジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale:JCS)
Ⅰ 刺激しないでも党醒している(一桁の数字で表現)
1 だいたい意識清明だが、今ひとつはっきりしない
2 見当識障害がある(時、場所または人物がわからない)
3 自分の名前、生年月日が言えない
Ⅱ 刺激すると覚醒するが刺激をやめると眠り込む(二桁の数字で表現)
10 呼びかけで容易に開限する
(開限しないとき、簡単な動作に応じたり言葉も出るが間違いが多い)
20 痛みや刺激で開眼する
(開眼しないとき、簡単な命令に応じる)
30 強い刺激を受けて、かろうじて開限する
Ⅲ 刺激しても党醒しない(三桁の数字で表現)
100 痛み刺激に対し、払いのける動作をする
200 痛み刺激に対し、少し手足を動かしたり、顔をしかめたりする
300 痛み刺激に反応しない
この他、R(不穏)、I(糞尿失禁)、A(自発性喪失)を付ける。
例 30-R 3-I 3-A など
2.心不全による呼吸困難は、座位をとらせることで軽減することがある。
→◯

 喘息や心不全による呼吸困難の場合、仰向けの状態よりも、起座位での呼吸(起座呼吸)の方が症状が楽になるという特徴があります(2018中央法規ワークブックP284、八訂基本テキスト3巻P190)。そのため、解答は◯になります。

3.心筋梗塞による痛みは、胸痛だけでなく、腹痛のこともある。
→◯

 高齢者の場合、心筋梗塞の主症状が、胸痛ではなく、腹痛の場合もあるので、注意が必要です(2018中央法規ワークブックP285、八訂基本テキスト3巻P187)。そのため、解答は◯になります。

4.寝たきりの高齢者が嘔吐した場合には、側臥位をとらせた方が吐物で窒息するのを防ぎやすい。
→◯

 嘔吐した場合は吐物の誤嚥を防ぐために、側臥位にして口腔内の吐物を取り除きます(2018中央法規ワークブックP285、八訂基本テキスト3巻P188)。そのため、解答は◯になります。

5.発熱時には、直ちに解熱剤を用いて苦痛を緩和する。
→×

 解熱剤には、血圧低下、出血、腎障害、消化性潰瘍などの副作用があるため、医師の指示に従って使用する必要があります(2018中央法規ワークブックP285、八訂基本テキスト3巻P187)。そのため、解答は×になります。

トップへ戻る