第21回 問題50【平成30年 ケアマネ試験 福祉サービス分野】

問題50 介護保険における短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる。
2.一定の条件を満たした事業所が、喀痰吸引等の医療ニーズの高い利用者に対してサービス提供を行った場合には、医療連携強化加算を算定できる。
3.利用者の心身状態や家族等の事情から送迎を行う場合には、送迎加算を算定できる。
4.一定の条件を満たした事業所が、認知症の高齢者に対して専門的な認知症ケアを行った場合には、認知症専門ケア加算を算定できる。
5.連続して30日を超えて同一の事業所に入所してサービスを受けている利用者がいる場合には、加算を算定できる。

猫の写真

解答

2、3、4

解説

1.緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる。
→×

 緊急短期入所受入加算は、認知症行動・心理症状緊急対応加算を算定している場合は、算定できないとされています(2018中央法規ワークブックP315・P411、八訂基本テキスト2巻P138)。そのため、解答は×になります。

緊急短期入所受入加算
 緊急にサービスを受ける必要があると介護支援専門員が認めた利用者に対し、居宅サービス計画外のサービスを緊急的に提供した場合、利用開始から7日を限度に算定する。
 ただし、認知症行動・心理症状緊急対応加算を算定している場合は、算定できない。
認知症行動・心理症状緊急対応加算
 医師が、認知症の行動・心理症状が認められるため在宅での生活が困難であり、緊急にサービスを利用する必要があると判断した利用者にサービスを提供した場合、利用開始から7日を限度に算定する。
2.一定の条件を満たした事業所が、喀痰吸引等の医療ニーズの高い利用者に対してサービス提供を行った場合には、医療連携強化加算を算定できる。
→◯

 設問のとおりです(2018中央法規ワークブックP411、八訂基本テキスト2巻P138)。

医療連携強化加算
 看護職員による定期的な巡視や、緊急時の対応について協力医療機関との取り決めを行っている等の基準に適合し、看護体制加算(II)または(IV)を算定している事業所が、喀痰吸引や人工呼吸器等を必要とする医療ニーズの高い利用者に対してサービスを提供した場合に算定する。
 ただし、在宅重度者受入加算を算定している場合は算定しない。
3.利用者の心身状態や家族等の事情から送迎を行う場合には、送迎加算を算定できる。
→◯

 設問のとおりです(2018中央法規ワークブックP316、八訂基本テキスト2巻P153)。

送迎加算
 利用者の心身の状態や家族の事情等から送迎が必要と認められた利用者に対して送迎を行った場合、片道につき、算定する。
4.一定の条件を満たした事業所が、認知症の高齢者に対して専門的な認知症ケアを行った場合には、認知症専門ケア加算を算定できる。
→◯

 設問のとおりです(2018中央法規ワークブックP411、八訂基本テキスト2巻P139)。

認知症専門ケア加算
 認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲ以上の者(日常生活に支障をきたすおそれのある症状または行動が認められることから介護を必要とする認知症の利用者)の占める割合が2分1以上であって、認知症介護に係る専門的な研修修了者、その指導に係る専門的な研修終了者の配置などの基準に適合する場合に算定する。
5.連続して30日を超えて同一の事業所に入所してサービスを受けている利用者がいる場合には、加算を算定できる。
→×

 設問の場合は、減算されます(2018中央法規ワークブックP411、八訂基本テキスト2巻P138)。そのため、解答は×になります。

30日超過減算
 その事業所に、全額が利用者負担の日をはさんで、連続30日を超えて入所して短期入所生活介護を受けている場合は、減算される。
トップへ戻る