第21回 問題54【平成30年 ケアマネ試験 福祉サービス分野】

問題54 介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.訪問入浴介護で使用する浴槽は、利用者又はその家族が用意しなければならない。
2.利用者が小規模多機能型居宅介護を利用している場合には、訪問入浴介護費は算定できない。
3.利用者の身体状況等に支障がない場合には、主治の医師の意見を確認したうえで、介護職員3人で実施することができる。
4.訪問入浴介護費は、サービス提供時間によって2区分に分けられている。
5.利用者の心身状況及びその希望によって清拭に変更になった場合には、訪問入浴介護費は減算される。

猫の写真

解答

2、3、5

解説

1.訪問入浴介護で使用する浴槽は、利用者又はその家族が用意しなければならない。
→×

 訪問入浴介護は、自宅浴槽での入浴が困難な利用者に対し、専用の浴槽を搬入して行われる入浴の介護です(2018中央法規ワークブックP394、八訂基本テキスト2巻P38)。利用者や家族が浴槽を用意する必要はありません。そのため、解答は×になります。

2.利用者が小規模多機能型居宅介護を利用している場合には、訪問入浴介護費は算定できない。
→◯

 設問のとおりです(2018中央法規ワークブックP396、八訂基本テキスト2巻P47)。

 もう少し詳しく言うと、以下のサービスを利用している間は、その事業所の従業者によって入浴介護も含めた必要なサービスが提供されるため、別に訪問入浴介護を提供する必要性はなく、そうした費用は算定できない、ということです。

訪問入浴介護費は、次のサービスを利用している間は算定できない
短期入所生活介護
短期入所療養介護
特定施設入居者生活介護
小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)
3.利用者の身体状況等に支障がない場合には、主治の医師の意見を確認したうえで、介護職員3人で実施することができる。
→◯

 訪問入浴介護は、1回のサービスを原則として看護職員1人と介護職員2人で提供します。
 ただし、この選択肢にあるように、利用者の身体状態などに支障がなく、主治医が認めた場合には、介護職員3人でサービスを提供することができます(2018中央法規ワークブックP396、八訂基本テキスト2巻P48)。そのため、解答は◯になります。

 なお、介護職員3人の場合は、介護報酬が所定の率により減算されます。

介護職員のみサービス提供減算
 利用者の身体状態等に支障がないと認められる場合に、主治医の意見を確認したうえで、介護職員3人でサービスを提供した場合は、所定の率により減算となる。
4.訪問入浴介護費は、サービス提供時間によって2区分に分けられている。
→×

 訪問入浴介護費は、サービス提供時間に関わらず、「1回につき」で設定されています(2018中央法規ワークブックP396、八訂基本テキスト2巻P47)。そのため、解答は×になります。

5.利用者の心身状況及びその希望によって清拭に変更になった場合には、訪問入浴介護費は減算される。
→◯

 設問のとおりです(2018中央法規ワークブックP396、八訂基本テキスト2巻P48)。

清拭または部分浴減算
 利用者の心身状態などから全身入浴が困難な場合で、利用者の希望により清拭または部分浴(洗髪、陰部、足部等の洗浄)を実施した場合は、所定の率により減算となる。
トップへ戻る