第21回 問題56【平成30年 ケアマネ試験 福祉サービス分野】

問題56 小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスの算定月における提供回数について、登録者1人当たり平均回数が週4回に満たない場合には、介護報酬は減算される。
2.従業者のうち1人以上は、常勤の看護師又は准看護師でなければならない。
3.一定の条件を満たす事業所において、看取り期におけるサービス提供を行った場合は、看取り連携体制加算を算定できる。
4.利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、一の宿泊室の定員は1人である。
5.介護支援専門員は、利用者の処遇に支障がない場合には、管理者と兼務することができる。

猫の写真

解答

1、3、5

解説

1.通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスの算定月における提供回数について、登録者1人当たり平均回数が週4回に満たない場合には、介護報酬は減算される。
→◯

 設問の場合は、サービス提供過少減算が適用されます(2018中央法規ワークブックP445、八訂基本テキスト2巻P309)。そのため、解答は◯になります。

サービス提供過少減算
 通いサービス、訪問サービス、宿泊サービスの提供回数が、登録者(短期利用を除く)1人当たり平均回数が週4回に満たない場合は、所定の率により減算となる。
2.従業者のうち1人以上は、常勤の看護師又は准看護師でなければならない。
→×

 介護従業者のうち1人以上は看護師または准看護師でなければならない、また居宅介護従業者のうち1人以上は常勤でなければならない、とされています(2018中央法規ワークブックP442、八訂基本テキスト2巻P305)。そのため、解答は×になります。

小規模多機能型居宅介護の人員基準(サテライト事業所を除く)
介護従業者
 介護等に対する知識・経験を有する者。
 次のうち1人以上は看護師または准看護師でなければならない。また、介護従業者のうち1人以上は常勤でなければならない。
・通いサービスの提供にあたる者(常勤換算方法で、利用者の数3人またはその端数を増すごとに1人以上)
・訪問サービスの提供にあたる者(常勤換算方法で1人以上)
・夜間および深夜の勤務にあたる者(夜間および深夜の時間帯を通じて1人以上)
介護支援専門員  厚生労働大臣が定める研修を修了している者。専従(支障がなければ兼務可)。
管理者  事業所などで3年以上認知症ケアに従事した経験がある者で、厚生労働大臣が定める研修を修了している者。常勤専従(支障がなければ兼務可)。
代表者  事業所などで認知症ケアに従事した経験がある者、または保健医療サービス・福祉サービスの経営に携わった経験のある者で、厚生労働大臣が定める研修を修了している者。
小規模多機能型居宅介護のサテライト事業所の人員基準
介護従業者
訪問サービスの提供にあたる者(1人以上)
介護支援専門員  本体事業所の介護支援専門員が居宅サービス計画を作成する場合は、介護支援専門員に代えて厚生労働大臣が定める研修を修了している者とすることができる。
管理者  本体事業所の管理者が兼務可
関連Q&A
「サテライト型」の事業所・施設というのは、どういうものなのですか?
「サテライト」という言葉には、「衛星、人工衛星」という意味があります。衛星や人工衛星は、母体となる惑星や恒星があり、その周囲を回りながらも、母体と一体的になって移動します。たとえば、月は地球の衛星で、月は地球という母体の周囲を回りながら、一体となって太陽の周囲を回っています。  

「サテライト型」の事業所・施設は、母体と一体的に運営される事業所・施設

 そして、「サテライト~」とつく言葉は、母体の周囲にあって、母体と一体的に運営されるもの、という意味をもっています。ですので、「サテライト事業所・施設」とは、母体となる事業所があり、それとは別の場所にあるが、一体的に運営される事業所・施設、ということになります。
3.一定の条件を満たす事業所において、看取り期におけるサービス提供を行った場合は、看取り連携体制加算を算定できる。
→◯

 設問のとおりです(2018中央法規ワークブックP445、八訂基本テキスト2巻P309)。

看取り連携体制
 看護師による24時間連絡体制を確保し、看取り期の対応方針を定めて、利用者や家族等の同意を得たうえで、医師が回復の見込みがないと判断した利用者に対して看取り期におけるサービスを提供した場合に、死亡日および死亡日以前30日以下について、1日につき、所定の単位数を加算する。
 ただし、看護職員配置加算(Ⅰ)を算定している場合は、算定しない。
4.利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、一の宿泊室の定員は1人である。
→×

 居室の定員は、基本的には1人とされています。ただし、利用者の処遇上必要と認められる場合は、2人とすることができます(八訂基本テキスト2巻P306)。そのため、解答は×になります。

 なお、「処遇上必要と認められる場合」というのは、たとえば夫婦で一緒に入居する場合になります。

5.介護支援専門員は、利用者の処遇に支障がない場合には、管理者と兼務することができる。
→◯

 設問のとおりです(選択肢2の解説を参照)。

トップへ戻る