第22回 問題35【令和元年 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

問題35 老年期うつ病について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.めまい、便秘などの自律神経症状が目立つ。
2.脳の器質的疾患は、原因とはならない。
3.家族、友人などの喪失体験も発症のきっかけとなる。
4.自殺企図の危険性は低い。
5.認知症を合併することがある。

猫の写真

解答

1、3、5

解説

1.めまい、便秘などの自律神経症状が目立つ。
→◯

 老年期うつ病では、特に心気的な訴え(身体不調の訴え)が多くなり、めまい、しびれ、排尿障害、便秘などの自律神経障害が目立ちます(2020ユーキャン速習レッスンP254、八訂基本テキスト3巻P272)。
 また、気分の落ち込みよりも、不安、緊張、焦燥が目立ちます。

2.脳の器質的疾患は、原因とはならない。
→×

 老年期うつ病の発生要因としては、女性ホルモン・脳帯神経伝達物質の異常、脳の血流障害、身体疾患、喪失体験、孤独、病前の性格(厳格、真面目、完璧主義、執着傾向)などがあげられます。(2020ユーキャン速習レッスンP254、八訂基本テキスト3巻P275)。
 なお、遺伝の関与は少ないとされています。

3.家族、友人などの喪失体験も発症のきっかけとなる。
→◯

 選択肢2の解説にあるとおりです。

4.自殺企図の危険性は低い。
→×

 老年期うつ病の症状がひどくなると、罪業妄想(自分を責める)、貧困妄想、心気妄想(不治の病にかかったなど)をもち、自殺を図ることもあります(2020ユーキャン速習レッスンP254、八訂基本テキスト3巻P276)。

5.認知症を合併することがある。
→◯

 老年期うつ病は長く治りにくいという特徴があり、一部は認知症に移行することがあります(2020ユーキャン速習レッスンP254、八訂基本テキスト3巻P276)。

トップへ戻る