第22回 問題45【令和元年度10月 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

問題45 介護医療院について適切なものはどれか。2つ選べ。
1.原則として、個室である。
2.ターミナルケアの機能を有する。
3.医療法の医療提供施設には該当しない。
4.必要な医療の提供が困難な場合には、他の医師の対診を求める等適切な措置を講じなければならない。
5.Ⅱ型では、Ⅰ型に比してより重篤な身体疾患を有する患者等に対応できる体制が求められている。

猫の写真

解答

2、4

解説

1.原則として、個室である。
→×

 療養室の定員は4人以下(多床室でも可)とされています(2020ユーキャン速習レッスンP329、八訂基本テキスト2巻P466)。そのため、解答は×になります。

2.ターミナルケアの機能を有する。
→◯

 入所者は、主として長期にわたり療養が必要である者であって、重篤な身体疾患を有する者、身体合併症を有する認知症高齢者などとされていることから(選択肢5の解説も参照)、ターミナルケアに対応する機能も有しているのが特徴です。

3.医療法の医療提供施設には該当しない。
→×

 医療法において、病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院、調剤を実施する薬局その他の医療を提供する施設が「医療提供施設」と定義されています。そのため、解答は×になります。

4.必要な医療の提供が困難な場合には、他の医師の対診を求める等適切な措置を講じなければならない。
→◯

 介護医療院の医師は、入所者の病状からして、自ら必要な医療を提供することが困難であると認めたときは、他の病院・診療所への入院のための措置を講じ、または他の医師の対診を求めるなど診療について適切な措置を講じなければなりません(2020ユーキャン速習レッスンP330・P323、八訂基本テキスト2巻P466・P452)。そのため、解答は◯になります。

5.Ⅱ型では、Ⅰ型に比してより重篤な身体疾患を有する患者等に対応できる体制が求められている。
→×

 重篤な身体疾患を有する者、身体合併症を有する認知症高齢などに対応するのが、Ⅰ型療養床です。それ以外の人は、Ⅱ型療養床が適用となります(2020ユーキャン速習レッスンP329、八訂基本テキスト2巻P461)。そのため、解答は×になります。

介護医療院のⅠ型・Ⅱ型
Ⅰ型療養床 療養床のうち、主として長期にわたり療養が必要である者であって、重篤な身体疾患を有する者、身体合併症を有する認知症高齢者等を入所させるためのもの
Ⅱ型療養床 療養床のうち、Ⅰ型療養床以外のもの
トップへ戻る