第22回 問題24【令和元年度3月 ケアマネ再試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題24 左片麻痺のあるAさん(80歳女性、要介護2、現在介護サービスの利用なし)は、夫のBさん(85歳)と二人で暮らしている。Bさんから相談を受けた民生委員が、遠方に住んでいる長女に、「Bさんが、最近、入浴させるのがつらくなったと言っている」と連絡した。そこで、長女は、実家の近くの居宅介護支援事業所に介護支援専門員の訪問を依頼した。この時点での介護支援専門員の対応について、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.すぐにサービスが利用できるように、訪問入浴サービス事業者を同行させる。
2.AさんやBさんから、暮らし全般に関する状況を聴き取る。
3.Bさんに対して、自宅での介護に意欲を持てるように助言する。
4.AさんとBさんの了承を得て、民生委員に、これまでの見守りや働きかけの状況を確認する。
5.長女に、家族による情緒的支援のために実家への訪問を増やすよう求める。

猫の写真

解答

2、4

解説

1.すぐにサービスが利用できるように、訪問入浴サービス事業者を同行させる。
→×

 この時点では、まず課題分析(アセスメント)を実施すべきと言えます。

2.AさんやBさんから、暮らし全般に関する状況を聴き取る。
→◯

 利用者とその家族から、暮らし全般に関する状況を聴き取って、課題分析(アセスメント)を行うのは適切と言えます。

3.Bさんに対して、自宅での介護に意欲を持てるように助言する。
→×

 まずは課題分析(アセスメント)を行い、そのうえで必要に応じてサービスを利用するなどの助言するのが適切と言えます。

4.AさんとBさんの了承を得て、民生委員に、これまでの見守りや働きかけの状況を確認する。
→◯

 介護支援専門員の基本倫理のひとつである「個人情報の保護」(利用者の同意なしに、個人情報を漏らしてはならない)からして、設問のような対応は適切と言えます(2020ユーキャン速習レッスンP26・P27、八訂基本テキスト1巻P251~)。

介護支援専門員の基本倫理の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
介護支援専門員の基本姿勢について、◯か×で答えなさい Q1 介護支援専門員は、感受性、観察力、洞察力をもって要介護者等の人権を...
5.長女に、家族による情緒的支援のために実家への訪問を増やすよう求める。
→×

 選択肢3の解説にあるとおりです。

トップへ戻る