第22回 問題25【令和元年度3月 ケアマネ再試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題25 会社員の長女と2人で暮らしているAさん(80歳、女性)は、最近、買物に出て家に帰れなくなることがあり、アルツハイマー型認知症と診断された。要介護1の認定を受けた数日後、親子で居宅介護支援事業所を訪れ、介護支援専門員に相談した。このときの介護支援専門員の対応について、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.介護サービスを多く利用できるよう、区分変更申請を提案する。
2.長女の仕事を減らして、日中一緒に過ごす時間を増やすよう提案する。
3.Aさん親子がこれからどのような生活を望んでいるかを聴き取る。
4.Aさんの買物時の道順を自分と一緒にたどり、地域の社会資源を確認することを提案する。
5.地域の介護保険サービス事業所の一覧を渡して、長女から事業所に直接連絡してもらうことにする。

猫の写真

解答

3、4

解説

1.介護サービスを多く利用できるよう、区分変更申請を提案する。
→×

  この時点では、まず課題分析(アセスメント)を実施すべきと言えます。

2.長女の仕事を減らして、日中一緒に過ごす時間を増やすよう提案する。
→×

 まずは課題分析(アセスメント)を行い、そのうえで必要に応じてサービスを利用するなどの提案をするのが適切と言えます。

3.Aさん親子がこれからどのような生活を望んでいるかを聴き取る。
→◯

 利用者とその家族から、生活の状況や希望などを聴き取って、課題分析(アセスメント)を行うのは適切と言えます。

4.Aさんの買物時の道順を自分と一緒にたどり、地域の社会資源を確認することを提案する。
→◯

 地域の社会資源を確認し、活用できるサービスがあるか検討することは有益と言えます。

5.地域の介護保険サービス事業所の一覧を渡して、長女から事業所に直接連絡してもらうことにする。
→×

 地域の介護保険サービス事業所との連絡調整を行うのは、介護支援専門員の役割のひとつです。

トップへ戻る