第22回 問題26【令和元年度3月 ケアマネ再試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題26 高齢者に多い症状・疾患について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.加齢黄斑変性では、進行すると視力が失われる恐れがある。
2.高齢者のめまいは、内耳の障害のほか、血圧のコントロール不良、脳腫瘍などが原因となることがある。
3.高齢者の難聴では、感音性難聴が多い。
4.心房細動では、心内で形成された血栓による脳梗塞は発症しない。
5.服用する薬剤数が多くても、副作用のリスクは増大しない。

猫の写真

解答

1、2、3

解説

1.加齢黄斑変性では、進行すると視力が失われる恐れがある。
→◯

 黄斑とは、網膜の中心にある黄色い部分のことで、これが加齢によって萎縮・変性した疾患が加齢黄斑変性症です。
 症状は、早期では視野の中心部のゆがみが生じ、進行すると中心暗点(視野の真ん中が見えない)となって視力が低下します。失明のおそれもあります(2020ユーキャン速習レッスンP212、八訂基本テキスト3巻P169)。そのため、解答は◯になります。

2.高齢者のめまいは、内耳の障害のほか、血圧のコントロール不良、脳腫瘍などが原因となることがある。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP177、八訂基本テキスト3巻P9)。

高齢者のめまい
回転性のめまい 原因は内耳の障害(メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎など)の場合が多い。また、アスピリンなどの薬剤や小脳出血が原因となることもある。
眼前暗黒感 原因は起立性低血圧、低血糖、徐脈性不整脈など。
浮動感 原因は薬剤(抗不安薬、睡眠薬、筋弛緩薬など)の服用、小脳疾患、パーキンソン病など。
3.高齢者の難聴では、感音性難聴が多い。
→◯

 設問のとおりです。

高齢者にみられる聴覚障害
伝音性難聴 音を伝える部分(外耳や中耳)の障害によるもの。原因は中耳の硬化、感染、耳垢塞栓(耳垢がつまった状態)など。
感音性難聴 音を感じる部分(内耳から大脳)の障害によるもの。原因は、加齢による内耳の感覚細胞の機能低下など。
※高齢者の難聴で多い。
耳鳴り 内耳の感覚細胞の障害。高血圧や糖尿病などで起こることもある。
4.心房細動では、心内で形成された血栓による脳梗塞は発症しない。
→×

 心房細動とは、心房が震えて規則正しい収縮ができなくなる不整脈で、これにより血流がよどんで、主に左心房の壁に血栓が生じやすくなります。
 この血栓がはがれて動脈を流れて行き、脳内の血管に詰まると脳梗塞になります(2020ユーキャン速習レッスンP195、八訂基本テキスト3巻P72・P98)。そのため、解答は×になります。

5.服用する薬剤数が多くても、副作用のリスクは増大しない。
→×

 高齢者は複数の疾患を有していることが多くあります。そして、使用する薬剤の数が多くなるほど副作用(有害作用)の発生する頻度が高くなるため、チェックすることが大切です。また、薬剤の相互作用についても注意します(2020ユーキャン速習レッスンP181・P264、八訂基本テキスト3巻P96・P352)。そのため、解答は◯になります。

トップへ戻る