第22回 問題27【令和元年度3月 ケアマネ再試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題27 高齢者のてんかんについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.初回発作後の再発率は、低い。
2.発作の間は、誤嚥を予防するための対応をする。
3.意識障害、しびれ、発狂、けいれんなど多様な症状を呈する。
4.最も多い原因は、脳腫瘍である。
5.治療は、放射線療法により行う。

猫の写真

解答

2、3

解説

1.初回発作後の再発率は、低い。
→×

 高齢者(65歳以上)のてんかんは、初回発作後の再発率が高くなります(66~90%)。

出典:日本神経治療学会 標準的神経治療:高齢者発症てんかん(PDF)

2.発作の間は、誤嚥を予防するための対応をする。
→◯

 設問のとおりです。

3.意識障害、しびれ、発狂、けいれんなど多様な症状を呈する。
→◯

 設問のとおりです。

4.最も多い原因は、脳腫瘍である。
→×

 原因は多い順に、脳血管障害、神経変性疾患、外傷、脳腫瘍となっています。

出典:日本神経治療学会 標準的神経治療:高齢者発症てんかん(PDF)

5.治療は、放射線療法により行う。
→×

 治療は、薬物療法(抗てんかん薬の服用)が主流です。

トップへ戻る