第22回 問題40【令和元年度3月 ケアマネ再試験 保健医療サービス分野】

問題40 次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.がんの発症頻度は、年齢とともに高くなる傾向にある。
2.臨死期には、死前喘鳴がみられることがあるが、首を横に向ける姿勢の工夫で軽減することもある。
3.臨死期には、顎だけで呼吸する下顎呼吸状態となる場合があるが、しばらくすると正常な呼吸に戻る。
4.呼吸困難や疼痛に対しては、投薬のほか、安楽な体位やマッサージなどで苦痛の緩和を図る。
5.高齢者のがんに対しては、侵襲性の高い手術療法は行うべきではない。

猫の写真

解答

1、2、4

解説

作成中

トップへ戻る