第22回 問題44【令和元年度3月 ケアマネ再試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題44 介護保険施設について正しいものはどれか。2つ選べ。
1.施設サービスの提供により事故が発生した場合には、速やかに市町村、家族等に連絡するとともに、必要な措置を講じなければならない。
2.介護医療院に空きがあれば、要支援の者であっても、施設サービスを受けることができる。
3.介護医療院には、介護支援専門員を置かなくてよい。
4.介護老人保健施設における緊急時施設療養費は、緊急その他やむを得ない事情により行われる医療行為について算定できる。
5.介護老人保健施設では、医師が配置されているため、感染症又は食中毒の予防及びまん延防止のための委員会は開催しなくてよい。

猫の写真

解答

1、4

解説

1.施設サービスの提供により事故が発生した場合には、速やかに市町村、家族等に連絡するとともに、必要な措置を講じなければならない。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP169・P105、八訂基本テキスト2巻P380)。

2.介護医療院に空きがあれば、要支援の者であっても、施設サービスを受けることができる。
→×

 介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設)に入所して施設サービスを利用することができるのは、要介護者のみとされています。要支援者は利用できません(要支援者に対して、施設サービスの給付はありません。2020ユーキャン速習レッスンP66・P67、八訂基本テキスト1巻P103・P107)。そのため、解答は×になります。

3.介護医療院には、介護支援専門員を置かなくてよい。
→×

 介護医療院の人員基準では、介護支援専門員を常勤で1人以上(入所者100人に対し1人以上を標準、増員分は非常勤可)とされています(2020ユーキャン速習レッスンP329、八訂基本テキスト2巻P465)。そのため、解答は×になります。

介護医療院の人員基準の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
介護医療院の開設・基準・内容について、◯か×で答えなさい Q1 開設の許可は、市町村長が行う。 解答を見る > A...
4.介護老人保健施設における緊急時施設療養費は、緊急その他やむを得ない事情により行われる医療行為について算定できる。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP326、八訂基本テキスト2巻P455)。

緊急時施設療養費
入所者の病状が著しく変化した場合に、緊急その他やむを得ない事情により、緊急な医療行為を行った場合は①緊急時治療管理、定められた特定の治療を行った場合は②特定治療を算定する。
5.介護老人保健施設では、医師が配置されているため、感染症又は食中毒の予防及びまん延防止のための委員会は開催しなくてよい。
→×

 介護老人保健施設には、医師が配置されます。ただし、それとは関係なく、感染症および食中毒の予防とまん延の防止のため、以下の事項を行うこととされています(2020ユーキャン速習レッスンP168、八訂基本テキスト2巻P379)。ここに、設問の委員会(感染対策委員会)の開催が含まれるため、解答は×になります。

感染症および食中毒の予防とまん延の防止のために行う事項
感染対策委員会をおおむね3か月に1回以上開催し、その結果について、介護職員その他の従業者に周知徹底を図る。
指針を整備する。
介護職員その他の従業者に対し、研修を定期的に実施する。
別に厚生労働大臣が定める対処等に関する手順に沿った対応を行う。
トップへ戻る