第22回 問題45【令和元年度3月 ケアマネ再試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題45 介護保険施設の施設サービス費における栄養マネジメント加算について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.常勤の管理栄養士を1名以上配置しなければならない。
2.栄養スクリーニングを踏まえ、入所者ごとの解決すべき課題を把握することを、栄養アセスメントという。
3.栄養アセスメントを踏まえ、管理栄養士の管理のもと、栄養ケア計画を作成する。
4.低栄養状態のリスクが低い者については、おおむね6月ごとに栄養状態のモニタリングを行う。
5.管理栄養士は、関連職種と共同して食事摂取状況や食事に関するインシデント・アクシデントの事例等の把握を行う。

猫の写真

解答

1、2、5

解説

 まず、栄養マネジメント加算の算定要件は、次のようなものです(2020ユーキャン速習レッスンP324、八訂基本テキスト2巻P431・P454・P469)。

栄養マネジメント加算
 常勤の管理栄養士を1人以上配置し、医師、歯科医師、管理栄養士、看護師、介護支援専門員などの専門職が共同してスクリーニング、アセスメント、栄養ケア計画の作成などを実施し、継続的に栄養管理を行った場合に算定する。

 上記を踏まえて、各選択肢を見ていきます。

1.常勤の管理栄養士を1名以上配置しなければならない。
→◯

 設問のとおりです。

2.栄養スクリーニングを踏まえ、入所者ごとの解決すべき課題を把握することを、栄養アセスメントという。
→◯

 設問のとおりです。

3.栄養アセスメントを踏まえ、管理栄養士の管理のもと、栄養ケア計画を作成する。
→×

 「管理栄養士の管理のもと」ではなく、医師、歯科医師、管理栄養士、看護師、介護支援専門員などの専門職が共同して栄養ケア計画を作成します。そのため、解答は×になります。

4.低栄養状態のリスクが低い者については、おおむね6月ごとに栄養状態のモニタリングを行う。
→×

 モニタリングは、低栄養状態のリスクが低い者については、3か月ごとに行うこととされています。そのため、解答は×になります。

「栄養マネジメント加算及び経口移行加算等に関する事務処理手順例及び様式例の提示について」より
モニタリングの実施
 モニタリングは、栄養ケア計画に基づいて、低栄養状態の低リスク者は3か月毎、低栄養状態の高リスク者および栄養補給法の移行の必要性がある者の場合には、2週間毎等適宜行う。ただし、低栄養状態の低リスク者も含め、体重は1か月毎に測定する。
5.管理栄養士は、関連職種と共同して食事摂取状況や食事に関するインシデント・アクシデントの事例等の把握を行う。
→◯

 設問のとおりです。

トップへ戻る