第22回 問題49【令和元年度3月 ケアマネ再試験 福祉サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題49 ソーシャルワークにおける地域援助技術として、より適切なものはどれか。3つ選べ。
1.地域包括支援センターの社会福祉士による高齢者を虐待する家族への面接
2.NPOによる地域住民とともに行う地域開発
3.特別養護老人ホームの生活相談員による入所者に対するグループ活動
4.地域包括支援センターによる地域住民のための認知症サポーター養成講座
5.震災被災者に対する支援のためのボランティアの組織化

猫の写真

解答

2、4、5

解説

 ソーシャルワークにおける地域援助技術とは、地域社会での社会関係にはたらきかけることで、個人・集団に対する支援が有効に機能するように、社会資源を調整・開発する支援方法です(2020ユーキャン速習レッスンP338、八訂基本テキスト3巻P460)。
 選択肢「2.NPOによる地域住民とともに行う地域開発」と「4.地域包括支援センターによる地域住民のための認知症サポーター養成講座」と「5.震災被災者に対する支援のためのボランティアの組織化」は、これに該当します。

 「1.地域包括支援センターの社会福祉士による高齢者を虐待する家族への面接」は、クライエントの課題解決を個別に援助する方法で、個人・家族に対するソーシャルワークに該当します(2020ユーキャン速習レッスンP336、八訂基本テキスト3巻P458)。

 「3.特別養護老人ホームの生活相談員による入所者に対するグループ活動」は、集団に対するソーシャルワークに該当します(2020ユーキャン速習レッスンP337、八訂基本テキスト3巻P459)。

ソーシャルワークの3次元での類型
ミクロ・ソーシャルワーク
個人・家族に対するソーシャルワーク

 クライエントの心理的力動に着目し、心理社会的なはたらきかけを行うとともに、社会資源の活用・調整を通して生活課題を個別に解決する支援方法

メゾ・ソーシャルワーク
集団に対するソーシャルワーク

 人々の集団としての活動を通して、各個人の成長と発達、問題の解決する支援方法

マクロ・ソーシャルワーク
地域に対するソーシャルワーク

 地域社会での社会関係にはたらきかけることで、個人・集団に対する支援が有効に機能するように、社会資源を調整・開発する支援方法

制度に対するソーシャルワーク
・ソーシャルアクション(制度の改革を目指す活動)
・ソーシャル・プランニング(社会福祉計画)
・ソーシャル・アドミニストレーション(社会福祉運営管理)
・社会福祉調査 など
上記以外の類型
コミュニティ・ソーシャルワーク 地域へのはたらきかけと個人へのはたらきかけを、より一体的に捉える考え方
トップへ戻る