第22回 問題54【令和元年度3月 ケアマネ再試験 福祉サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題54 介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.身体の状況により全身入浴が難しい場合は、利用者の希望によって、清拭や部分浴に変更する。
2.利用者に病状の急変が生じた場合は、サービス提供後に主治の医師にその旨を報告する。
3.サービスの提供ごとに消毒した浴槽を使用する。
4.医療依存度が高い利用者も利用するため、管理者は看護師でなければならない。
5.事業者は、自らその提供するサービスの質の評価を行い、常にその改善を図らなければならない。

猫の写真

解答

1、3、5

解説

1.身体の状況により全身入浴が難しい場合は、利用者の希望によって、清拭や部分浴に変更する。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP358、八訂基本テキスト2巻P48)。

 なお、清拭や部分浴に変更した場合は、介護報酬が減算となります。

清拭または部分浴減算
 利用者の心身状態などから全身入浴が困難な場合で、利用者の希望により清拭または部分浴(洗髪、陰部、足部等の洗浄)を実施した場合は、所定の率により減算となる。
2.利用者に病状の急変が生じた場合は、サービス提供後に主治の医師にその旨を報告する。
→×

 利用者に病状の急変が生じたなどの場合には、主治医に連絡して指示を仰ぎ、必要に応じて部分浴・清拭に変更したり、状況によっては中止します(2020ユーキャン速習レッスンP357、八訂基本テキスト2巻P44)。そのため、解答は×になります。

3.サービスの提供ごとに消毒した浴槽を使用する。
→◯

 サービス提供に用いる設備、器具その他の用品の使用に際して安全と清潔の保持に留意し、特に利用者の身体に接触する設備や器具その他の用品については、サービス提供ごとに消毒したものを使用することとされています(2020ユーキャン速習レッスンP358、八訂基本テキスト2巻P47)。そのため、解答は◯になります。

4.医療依存度が高い利用者も利用するため、管理者は看護師でなければならない。
→×

 管理者について、特に資格が必要とはされていません(2020ユーキャン速習レッスンP356、八訂基本テキスト2巻P46)。そのため、解答は×になります。

5.事業者は、自らその提供するサービスの質の評価を行い、常にその改善を図らなければならない。
→◯

 設問のとおりです。

 なお、全てのサービスの運営基準において、同様の内容が規定されています。

トップへ戻る