第23回 問題1【令和2年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題1 2017(平成29)年度末における全国の要介護(要支援)認定者数の状況として正しいものはどれか。2つ選べ。
1.要介護(要支援)認定者のうち、約1割が第2号被保険者である。
2.女性の要介護(要支援)認定者数は、男性の認定者数の約2倍である。
3.要介護(要支援)認定者数は、前年度に比べ、第1号被保険者、第2号被保険者ともに増加している。
4.要介護(要支援)状態区分別でみると、認定者数が最も多いのは、要介護1である。
5.第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合は、25%を超えている。

猫の写真

解答

2、4

解説

 この設問の選択肢1~5の内容は、厚生労働省が公表している「平成29年度 介護保険事業状況報告(年報)」(以下、「報告」と表記)が元になっています。

平成29年度 介護保険事業状況報告(年報)について紹介しています。
1.要介護(要支援)認定者のうち、約1割が第2号被保険者である。
→×

 報告では、要介護(要支援)認定者は641万人で、うち、第1号被保険者は628万人(98%)、第2号被保険者は13万人(2%)となっています。そのため、解答は×になります。

2.女性の要介護(要支援)認定者数は、男性の認定者数の約2倍である。
→◯

 報告では、要介護(要支援)認定者のうち、男性が200万人、女性が440万人となっています。ですので、女性が約2倍と言うことができます。そのため、解答は◯になります。

3.要介護(要支援)認定者数は、前年度に比べ、第1号被保険者、第2号被保険者ともに増加している。
→×

 報告では、前年(平成29年)度末現在に比べ、第1号被保険者は9.6万人 (1.5%) 増、第2号被保険者は0.3万人 (1.9%) 減となっています。そのため、解答は×になります。

4.要介護(要支援)状態区分別でみると、認定者数が最も多いのは、要介護1である。
→◯

 設問のとおりです。

要支援1 88万人
要介護1 129万人
要介護2 112万人
要介護3 85万人
要介護4 79万人
要介護5 60万人
5.第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合は、25%を超えている。
→×

 報告では、平成29年度末の第1号被保険者数は3487万人で、うち要介護(要支援)認定者数は628万人(18.0%)となっています。そのため、解答は×になります。

トップへ戻る