第23回 問題5【令和2年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題5 2017(平成29)年介護保険制度改正について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.改正の趣旨は、地域包括ケアシステムの強化である。
2.共生型居宅介護支援を創設した。
3.市町村介護保険事業計画に、自立支援、介護予防、重度化防止等への取組を記載することとした。
4.施設サービスとして、介護医療院サービスを追加した。
5.第1号被保険者の保険料に総報酬割を導入した。

猫の写真

解答

1、3、4

解説

1.改正の趣旨は、地域包括ケアシステムの強化である。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP32、八訂基本テキスト1巻P45)。

2.共生型居宅介護支援を創設した。
→×

 この改正により、共生型サービスが創設されました。しかし、共生型サービスに居宅介護支援は含まれません(2020ユーキャン速習レッスンP33・P95、八訂基本テキスト1巻P46・P143)。そのため、解答は×になります。

関連Q&A
 共生型サービスとは、介護保険のサービスと障害福祉サービスで、内容が共通しているサービスになります。具体的には、次のサービスです。
共生型サービス
介護保険のサービス 障害福祉サービス等
訪問介護
居宅介護
重度訪問介護
通所介護
地域密着型通所介護
生活介護(主として重症心身障害者を通わせる事業所を除く)
自立支援(機能訓練・生活訓練)
児童発達支援(主として重症心身障害者を通わせる事業所を除く)
放課後等デイサービス(同上)
療養通所介護
生活介護(主として重症心身障害者を通わせる事業所に限る)
児童発達支援(主として重症心身障害者を通わせる事業所に限る)
放課後等デイサービス(同上)
小規模多機能型居宅介護
介護予防小規模多機能型居宅介護
看護小規模多機能型居宅介護
通い
生活介護(主として重症心身障害者を通わせる事業所を除く)
自立支援(機能訓練・生活訓練)
児童発達支援(主として重症心身障害者を通わせる事業所を除く)
放課後等デイサービス(同上)
泊まり
短期入所
訪問
居宅介護
重度訪問介護
資料:共生型サービス(厚生労働省)をもとに作成  この「内容が共通しているサービス」について、「給付が介護保険に切り替わっても、引き続き同じ事業所のサービスを利用できる(事業所を変更する必要がない)」というのが、共生型サービスのメリットです。  以前は、介護保険法による事業所の指定と、障害者総合支援法・児童福祉法による事業所の指定は、完全に別でした。そのため、介護保法による指定のみを受けた事業所、障害者総合支援法による指定のみを受けた事業所、というのが多くありました。  こうした状況により、障害者が65歳になって給付が介護保険に切り替わるのと同時に、介護保険法による指定を受けたサービス事業所に変更する必要のあるケースがありました。これは、障害者にとっては「なじみのある事業所を変えなくてはならない」というデメリットでした。  これについて、以下に簡単な例をあげてみます。 例)障害者のアさんは長年、障害者総合支援法による指定を受けたA事業所による居宅介護(障害者の居宅を訪問して行う、入浴、排泄、食事などの介護)を利用していました。  その後、アさんは65歳となり、介護保険の第1号被保険者になりました。このタイミングで、介護保険からの給付に切り替わります。そのため、A事業所による居宅介護は終了して、サービス内容が同じ介護保険の訪問介護の利用を開始することになりました。そして、介護保険法による訪問介護の指定を受けたB事業所による訪問介護を利用し始めました。  これに関して、アさんは「サービス内容は同じなのに、長年利用してきたA事業所の利用をやめて、B事業所に変更しなくてはならないのは不便だ」という不満を抱きました。  こうしたデメリットを解消するために創設されたのが、共生型サービスです。  共生型サービスにより、上記の例の「A事業所」は、介護保険の訪問介護の指定を比較的容易に受けることができるようになりました。「A事業所」が介護保険の訪問介護の指定も受けると、アさんは65歳(介護保険の第1号被保険者)になってからも、引き続き「A事業所」を利用することができます。
第2号被保険者である障害者は、それだけでは介護保険の認定と給付は受けられない  障害者が40歳以上65歳未満の場合、介護保険の第2号被保険者になります。ただし、これだけでは介護保険の認定と給付は受けられません。第2号被保険者が認定を受けて給付を受けるためには、介護が必要になった原因が特定疾病の場合に限られるためです(2019ユーキャン速習レッスンP52、八訂基本テキスト1巻P85)。  この人が、65歳になって第1号被保険者になると、介護保険の認定と給付を受けられます。第1号被保険者の場合は、介護が必要になった原因は問われずに、心身状態からして必要であれば、認定と給付を受けられるからです。
 

共生型サービスの分類

 共生型サービスのうち、介護保険の居宅サービスに該当するものを「共生型居宅サービス」といいます。具体的には、訪問介護、通所介護、短期入所生活介護になります。  同様に、介護保険の地域密着型サービスに該当するものを「共生型地域密着型サービス」といいます。具体的には、地域密着型通所介護(療養通所介護を含む)、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護になります。  地域密着型介護予防サービスに該当するものは「共生型地域密着型介護予防サービス」で、具体的には介護予防小規模多機能型居宅介護になります。  

共生型サービスの基準を定める者

 上記のように、共生型サービスのうち、介護保険の居宅サービスに該当するものを「共生型居宅サービス」といいます。これについての基準は、居宅サービスと同じく、都道府県の条例で定めます。  同様に、共生型地域密着型(介護予防)サービスについての基準は、域密着型(介護予防)サービスと同じく、市町村の条例で定めます。
関連Q&A
https://caremane.site/2217
3.市町村介護保険事業計画に、自立支援、介護予防、重度化防止等への取組を記載することとした。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP32・P126、八訂基本テキスト1巻P45)。そのため、解答は◯になります。

4.施設サービスとして、介護医療院サービスを追加した。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP33、八訂基本テキスト1巻P46)。

5.第1号被保険者の保険料に総報酬割を導入した。
→×

 総報酬割は、第2号被保険者の保険料に対して導入されました(2020ユーキャン速習レッスンP33・P133、八訂基本テキスト1巻P47・P81)。そのため、解答は×になります。

関連Q&A
A 「総報酬割」は健康保険での第2号被保険者個人の負担感を是正する仕組み

所得(報酬)に応じた負担感に

 総報酬割について、以前の状況を踏まえながら以下に見てきます。  

以前は個人の負担感に差があった

 以前は、加入者の所得が多い健康保険者(主に大企業の健康保険組合など)や、加入者の所得が少ない健康保険者(中小企業の社員が加入する協会けんぽ)などに関係なく、各健康保険者は 「全国平均の第2号被保険者1人当たりの負担額×加入している第2号被保険者の人数」  という計算をして、人数に比例した金額を支払基金へ納めていました。  この仕組みだと、所得に対する保険料の割合が、大企業の健康保険組合などでは低く(個人の負担感が小さい)、協会けんぽでは高い(個人の負担感が大きい)、という状況となっていました。  

総報酬割によって個人の負担感を是正

 そこで導入されたのが、総報酬割です。これは健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合などの間で、それぞれの標準報酬総額に比例させて、それぞれが支払基金へ納める金額を決める、という仕組みです。  「標準報酬」とは、その健康保険の加入者の所得(報酬)の標準額です。これの加入者全員の合計が、「標準報酬総額」です。ですので、その健康保険の加入者の所得が多い場合は「標準報酬総額」も多くなり、所得が少ない場合は「標準報酬総額」も少なくなります。この「標準報酬総額」の多い・少ないに比例させて、健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合などそれぞれが支払基金へ納める金額を決めます。  たとえば、加入者の所得が多い健康保険組合では、支払基金へ納める金額が多くなります。逆に、加入者の所得が少ない健康保険組合では、支払基金へ納める金額も少なくなります。  このように、所得が多いところには多い金額を負担してもらい、所得が少ないところには少ない金額を負担してもらうことで、所得における保険料の割合を是正(個人の負担感を同じくらいに)しています。これが、総報酬割の仕組みです。  

国民健康保険との関係

 上記のように総報酬割は健康保険(健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合など)の間での是正のために導入されたものであるため、国民健康保険は対象外とされています。  国民健康保険における2号保険料の場合は、所得階層や人数に応じて調整して算出されているので、前述の健康保険にあった収入における保険料の割合の格差は生まれません。  そして、健康保険に総報酬割が導入されて、結果的に国民健康保険の被保険者も含めて、第2号被保険者全員の負担感が同じくらいになる、ということです。
トップへ戻る