第23回 問題16【令和2年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題16 介護保険に関して市町村が有する権限について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.被保険者の保険料に関し、被保険者の収入について調査する。
2.住宅改修を行う者に対し、文書の提出を求める。
3.介護給付費・地域支援事業支援納付金の算定のために、医療保険者から報告を徴収する。
4.被保険者に対する老齢等年金給付の支給状況について、年金保険者に対し資料の提供を求める。
5.介護サービス情報について、指定居宅サービス事業者を調査する。

猫の写真

解答

1、2、4

解説

1.被保険者の保険料に関し、被保険者の収入について調査する。
→◯

 市町村は、第1号被保険者の保険料の算定において、所得段階別に設定された保険料率を用います(2020ユーキャン速習レッスンP131・P132、八訂基本テキスト1巻P77・P78)。この算定の際に、第1号被保険者の収入について調査することになります。そのため、解答は◯になります。

2.住宅改修を行う者に対し、文書の提出を求める。
→◯

 利用者は、住宅改修費の支給申請にあたって、改修が必要な理由を記載した理由書などを添付する必要があります(2020ユーキャン速習レッスンP380、八訂基本テキスト2巻P200・P201)。そのため、解答は◯になります。

3.介護給付費・地域支援事業支援納付金の算定のために、医療保険者から報告を徴収する。
→×

 介護給付費・地域支援事業支援納付金の算定と、そのための報告徴収をするのは、社会保険診療報酬支払基金(支払基金)です(2020ユーキャン速習レッスンP45、八訂基本テキスト1巻P82)。そのため、解答は×になります。

2号保険料の流れの詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
2号保険料について、◯か×で答えなさい Q1 第2号被保険者に対する保険料率は、市町村が条例により規定する。 解答を見る...
4.被保険者に対する老齢等年金給付の支給状況について、年金保険者に対し資料の提供を求める。
→◯

 市町村は、保険料の特別徴収(年金から天引き)の対象となる第1号被保険者を把握するために、設問にある資料の提出を年金保険者に対して求めます(2020ユーキャン速習レッスンP132、八訂基本テキスト1巻P78・P79)。そのため、解答は◯になります。

 なお、第1号被保険者が、年額18万円以上の公的な老齢年金(または退職年金)、遺族年金、障害年金を受給している場合は、保険料は特別徴収(年金から天引き)されます。
 公的な老齢年金等の受給が年額18万円未満の場合は、普通徴収(納入通知書による納付)となります。

1号保険料の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
1号保険料について、◯か×で答えなさい Q1 第1号被保険者の保険料率は、年度ごとに算定する。 解答を見る > A...
5.介護サービス情報について、指定居宅サービス事業者を調査する。
→×

 介護サービス情報の報告内容の調査事務を行うのは、都道府県知事(または、指定都市市長)です。そして、この調査事務を、都道府県ごとに指定する指定調査機関に行わせることができます(2020ユーキャン速習レッスンP111、八訂基本テキスト1巻P159)。そのため、解答は×になります。

介護サービス情報の公表の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
介護サービス情報の報告・公表・内容について、◯か×で答えなさい Q1 介護サービス事業者は、介護サービスの提供を開始するときは...
介護サービス情報の調査・命令などについて、◯か×で答えなさい Q1 都道府県知事は、介護サービス事業者が介護サービス情報を報告...
トップへ戻る