第23回 問題21【令和2年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題21 指定居宅介護支援事業者について正しいものはどれか。3つ選べ。
1.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、複数の指定居宅サービス事業者を必ず紹介しなければならない。
2.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、利用者に入院する必要が生じたときは、介護支援専門員の氏名と連絡先を入院先の病院または診療所に伝えるよう、あらかじめ利用者や家族に求めなければならない。
3.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、要介護認定申請が行われていない場合は、利用申込者の意思にかかわらず、速やかに申請が行われるよう援助を行わなければならない。
4.通常の事業の実施地域等を勘案し、自ら適切な指定居宅介護支援を提供することが困難なときは、他の指定居宅介護支援事業者を紹介するなど必要な措置を講じなければならない。
5.利用者の選定により通常の事業の実施地域以外の地域で指定居宅介護支援を行うときは、要した交通費の支払を利用者から受けることができる。

猫の写真

解答

2、4、5

解説

1.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、複数の指定居宅サービス事業者を必ず紹介しなければならない。
→×

 居宅介護支援の提供の開始に際して、「複数の指定居宅サービス事業者を必ず紹介しなければならない」ということはありません。そのため、解答は×になります。

 この場合、利用者は複数の指定居宅サービス事業者等の紹介を求めることが可能であることなどについて説明を行い、理解を得なければなりません(2020ユーキャン速習レッスンP142、八訂基本テキスト1巻P210)。

2.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、利用者に入院する必要が生じたときは、介護支援専門員の氏名と連絡先を入院先の病院または診療所に伝えるよう、あらかじめ利用者や家族に求めなければならない。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP142、八訂基本テキスト1巻P210)。

3.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、要介護認定申請が行われていない場合は、利用申込者の意思にかかわらず、速やかに申請が行われるよう援助を行わなければならない。
→×

 設問の場合、利用申込者の意思を踏まえて、速やかに当該申請が行われるよう必要な援助を行わなければなりません(2020ユーキャン速習レッスンP142、八訂基本テキスト1巻P211)。そのため、解答は×になります。

4.通常の事業の実施地域等を勘案し、自ら適切な指定居宅介護支援を提供することが困難なときは、他の指定居宅介護支援事業者を紹介するなど必要な措置を講じなければならない。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP142、八訂基本テキスト1巻P210)。

5.利用者の選定により通常の事業の実施地域以外の地域で指定居宅介護支援を行うときは、要した交通費の支払を利用者から受けることができる。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP143、八訂基本テキスト1巻P211)。

トップへ戻る