第23回 問題24【令和2年度 ケアマネ試験 介護支援分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題24 特別養護老人ホーム入所中のAさん(98歳、女性)は、食事摂取量が激減し、全身衰弱が進行している。発語も困難で、意思疎通も難しい。嘱託医の判断では、Aさんはターミナル期の状態であるとのことであった。Aさん及びその家族の入所時の意思は、「最期まで施設で暮らしたい」とのことであった。この場合の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。
1.看護職員が作成した看取り介護計画があるため、施設サービス計画は作成しない。
2.Aさんと家族の意向は明らかなので、改めて面接をせずに、介護支援専門員が単独でターミナル期の施設サービス計画を作成する。
3.看取りに対する家族の意思を確認するため、介護支援専門員がAさんの家族、嘱託医、生活相談員との面談の日程調整を行う。
4.Aさんの意思を尊重し、最期まで介護職員が単独で看取りの介護を行った場合は、看取り介護加算を算定できる。
5.終末期の身体症状の変化や介護の状況等を記録し、医師、看護職員、介護職員、介護支援専門員等による情報の共有に努める。

猫の写真

解答

3、5

解説

1.看護職員が作成した看取り介護計画があるため、施設サービス計画は作成しない。
→×

 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所した場合、看取りについての計画があるかどうかにかかわらず、計画担当介護支援専門員が施設サービス計画を作成する必要があります(2020ユーキャン速習レッスンP171、八訂基本テキスト2巻P376)。そのため、解答は×になります。

2.Aさんと家族の意向は明らかなので、改めて面接をせずに、介護支援専門員が単独でターミナル期の施設サービス計画を作成する。
→×

 施設サービス計画の作成においては、計画担当介護支援専門員は入所者や家族と面接を行う必要があります(2020ユーキャン速習レッスンP170、八訂基本テキスト2巻P377)。そのため、解答は×になります。

3.看取りに対する家族の意思を確認するため、介護支援専門員がAさんの家族、嘱託医、生活相談員との面談の日程調整を行う。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP408、八訂基本テキスト2巻P432)。

4.Aさんの意思を尊重し、最期まで介護職員が単独で看取りの介護を行った場合は、看取り介護加算を算定できる。
→×

 介護福祉施設サービスにおいて看取り介護加算を算定するには、多職種の協議による定期的な指針の見直しなどの要件を満たす必要があります(2020ユーキャン速習レッスンP408、八訂基本テキスト2巻P432)。そのため、解答は×になります。

看取り介護加算(Ⅰ・Ⅱ)
 常勤の看護師による24時間連絡体制の確保、看取りに関する指針の入所者・家族への説明と同意取得、多職種の協議による定期的な指針の見直し、看取りに関する職員研修の実施などの要件を満たしたうえで看取り介護を行った場合に、Ⅰを算定する。
 さらに、緊急時の対応、曜日・時間帯別の連絡手段と診察依頼時間、複数名の医師の配置または協力医療機関の医師の24時間対応、看護体制加算Ⅱの算定などの要件を満たしている場合は、Ⅱを算定する。
 ⅠとⅡの同時算定は不可。
5.終末期の身体症状の変化や介護の状況等を記録し、医師、看護職員、介護職員、介護支援専門員等による情報の共有に努める。
→◯

 設問のとおりです。

 なお、この設問の内容は、「看取り介護指針・説明支援ツール」のP10「⑤介護記録等への記録と情報共有」に記載されています。

看取り介護指針・説明支援ツール

トップへ戻る