第23回 問題32【令和2年度 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題32 褥瘡について適切なものはどれか。3つ選べ。
1.褥瘡とは、体外からの圧力による皮下の血流障害により、細胞が壊死してしまう状態をいう。
2.半座位や座位では、肩甲骨部には発生しない。
3.発生要因には、病気や加齢による身体組織の耐久性低下がある。
4.同一部位への長時間にわたる圧力を減少させるためには、耐圧分散用具を用いるとよい。
5.指定介護老人福祉施設において、褥瘡マネジメント加算は算定できない。

猫の写真

解答

1、3、4

解説

1.褥瘡とは、体外からの圧力による皮下の血流障害により、細胞が壊死してしまう状態をいう。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP224、八訂基本テキスト3巻P411)。

2.半座位や座位では、肩甲骨部には発生しない。
→×

 半座位や座位でも、背中をもたれることによって肩甲骨が圧迫されると、褥瘡が発生することがあります(2020ユーキャン速習レッスンP224、八訂基本テキスト3巻P413)。そのため、解答は×になります。

褥瘡の好発部位
仰臥位(仰向け) 後頭部、肩甲骨部、肘関節部、仙骨部(腰)、踵骨部(かかと)
側臥位 耳介部、肩鎖関節部、側胸部、大転子部(太股の付け根)、膝関節外側部、足関節外果部(外側のくるぶし)
腹臥位(うつ伏せ) 頬部、耳介部、肩鎖関節部、乳部、陰部、膝関節部、趾尖し せん部(つま先)
ファーラー位
後頭部、肩甲骨部、仙骨部、臀部、踵骨部

※ファーラー位:仰臥位で下肢を水平にしたまま上半身を45°程度起こした半座位のこと。
座位(車いす) 肩甲骨部、肘関節部、臀部
3.発生要因には、病気や加齢による身体組織の耐久性低下がある。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP224、八訂基本テキスト3巻P412)。

褥瘡の発生要因
全身的要因 低栄養、脱水、痩せた体格、骨突出、浮腫、骨粗鬆症や糖尿病などの疾患、免疫機能が低下して感染症になりやすくなる薬剤(抗がん剤、ステロイドなど)の使用、知覚麻痺、意識障害、失禁など
局所的要因 加齢による皮膚の脆弱化、摩擦、皮膚の湿潤(発汗や失禁などによる)、不潔、皮膚疾患など。
社会的要因 介護力の不足、知識や技術の不足など。
褥瘡への対応の詳細は、以下の「ポイント解説」を参照
褥瘡への対応について、◯か×で答えなさい Q1 褥瘡の発生を促す全身性因子には、低栄養、知覚麻痺、意識障害、失禁などが...
4.同一部位への長時間にわたる圧力を減少させるためには、耐圧分散用具を用いるとよい。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP225、八訂基本テキスト3巻P413)。

5.指定介護老人福祉施設において、褥瘡マネジメント加算は算定できない。
→×

 要件を満たせば、褥瘡マネジメント加算を算定することができます(2020ユーキャン速習レッスンP408、八訂基本テキスト2巻P432)。そのため、解答は×になります。

褥瘡マネジメント加算
 多職種が共同して褥瘡ケア計画を作成するなどの基準に適合し、継続的に褥瘡管理を行っている場合に、3か月に1回を限度として算定する。
トップへ戻る