第23回 問題37【令和2年度 ケアマネ試験 保健医療サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題37 通所リハビリテーション又は介護予防通所リハビリテーションについて正しいものはどれか。3つ選べ。
1.通所リハビリテーションに係る単位数は、事業所の規模とは無関係に設定されている。
2.リハビリテーション会議は、利用者およびその家族の参加が基本とされている。
3.通所リハビリテーション計画に位置付けられていなくても、事業所の屋外で指定通所リハビリテーションのサービスを提供することができる。
4.介護予防通所リハビリテーションにおいて、利用者の居宅と指定介護予防通所リハビリテーション事業所との間の送迎を実施しない場合であっても、利用者の同意があれば、基本報酬を算定できる。
5.指定通所リハビリテーション事業所の管理者は、専ら指定通所リハビリテーションの提供に当たる看護師に管理の代行をさせることができる。

猫の写真

解答

2、4、5

解説

1.通所リハビリテーションに係る単位数は、事業所の規模とは無関係に設定されている。
→×

 通所リハビリテーションの単位数は、事業所の規模に応じて、所要時間別、要介護度別に設定されています(2020ユーキャン速習レッスンP307、八訂基本テキスト2巻P119)。そのため、解答は×になります。

2.リハビリテーション会議は、利用者およびその家族の参加が基本とされている。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP306、八訂基本テキスト2巻P117・P118)。

3.通所リハビリテーション計画に位置付けられていなくても、事業所の屋外で指定通所リハビリテーションのサービスを提供することができる。
→×

 屋外でのサービス提供の要件には、「あらかじめ通所リハビリテーション計画に位置づけられていること」という内容があります。そのため、解答は×になります。

屋外でのサービス提供の要件
 通所リハビリテーションは、事業所内でサービスを提供することが原則であるが、次に掲げる条件を満たす場合においては、事業所の屋外でサービスを提供することができる。

あらかじめ通所リハビリテーション計画に位置づけられていること。
効果的なリハビリテーションのサービスが提供できること。
4.介護予防通所リハビリテーションにおいて、利用者の居宅と指定介護予防通所リハビリテーション事業所との間の送迎を実施しない場合であっても、利用者の同意があれば、基本報酬を算定できる。
→◯

 設問のとおりです。

 なお、(介護予防)通所リハビリテーションでは、基本として送迎を行います(送迎の費用は、基本の介護報酬に含まれています)。もし、利用者が自分で通ったり、利用者の家族が送迎したりして、事業者が送迎を行わない場合は、送迎減算となります(2020ユーキャン速習レッスンP308、八訂基本テキスト2巻P121・P106)。

送迎減算
 利用者に対して送迎を行わない場合は、片道につき、減算となる。
5.指定通所リハビリテーション事業所の管理者は、専ら指定通所リハビリテーションの提供に当たる看護師に管理の代行をさせることができる。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP307、八訂基本テキスト2巻P118)。

トップへ戻る