第23回 問題47【令和2年度 ケアマネ試験 福祉サービス分野】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
問題47 ソーシャルワークの視点から、支援困難な高齢者に関する記述としてより適切なものはどれか。3つ選べ。
1.近隣住民からの「一人暮らしの高齢者宅から異臭がする」との訴えに対し、まずその高齢者に施設への入所を勧める。
2.支援を拒否している高齢者には、信頼できる人を探し、支援につなげることが有効である。
3.アウトリーチによる対応には、支援のためのネットワークの構築が含まれる。
4.高齢者が不平・不満を何度も訴えるため、担当の介護支援専門員が地域包括支援センターにスーパービジョンを依頼する。
5.セルフ・ネグレクトには、親族による介護放棄が含まれる。

猫の写真

解答

2、3、4

解説

1.近隣住民からの「一人暮らしの高齢者宅から異臭がする」との訴えに対し、まずその高齢者に施設への入所を勧める。
→×

 設問のような場合、行政を含めた多機関・多職種の関わりによって問題を解決していく姿勢が大切になります(2020ユーキャン速習レッスンP347、八訂基本テキスト3巻P483)。
 そして、高齢者のプライバシーを適度に確保しながら、地域社会の中で孤立せず、近隣住民と相互に支え合う関係性を築けるかが課題となります。

2.支援を拒否している高齢者には、信頼できる人を探し、支援につなげることが有効である。
→◯

 高齢者や家族が信頼しているキーパーソンを見つけて、支援につなげることが有効です(2020ユーキャン速習レッスンP348、八訂基本テキスト3巻P488)。

3.アウトリーチによる対応には、支援のためのネットワークの構築が含まれる。
→◯

 設問のとおりです(2020ユーキャン速習レッスンP347~、八訂基本テキスト3巻P483~)。

 なお、「アウトリーチ」とは、「支援を必要とする人に対し、積極的に出向いて働きかけるプロセス」のことです。

4.高齢者が不平・不満を何度も訴えるため、担当の介護支援専門員が地域包括支援センターにスーパービジョンを依頼する。
→◯

 設問のような場合、地域包括支援センターによるスーパービジョン(相談援助者が自らの認識や行動について、先輩や上司〔スーパーバイザー〕に相談し、助言を求めること)は有効と言えます(2020ユーキャン速習レッスンP347、八訂基本テキスト3巻P483)。

5.セルフ・ネグレクトには、親族による介護放棄が含まれる。
→×

 セルフ・ネグレクトとは、高齢者自身が必要な支援を求めないことをいいます(2020ユーキャン速習レッスンP432、八訂基本テキスト3巻P488)。

 なお、親族による介護放棄は、「介護・世話の放棄・放任(ネグレクト)」といいます。

トップへ戻る