介護保険法 第1条「目的」

猫の写真

スポンサーリンク
レクタングル (大)

介護保険法 第1条「目的」について、◯か×で答えなさい

Q1 「自立した日常生活」という文言がある。
解答を見る >
A ◯
 「自立した日常生活」という文言がある。
Q2 「心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な措置」という文言がある。
解答を見る >
A ×
 そうした文言はない。
Q3 「生きがいを持てる健全で安らかな生活」という文言がある。
解答を見る >
A ×
 そうした文言はない。
Q4 「加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等」という文言がある。
解答を見る >
A ◯
 「加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等」という文言がある。
Q5 「豊富な知識と経験を有する者として敬愛」という文言がある。
解答を見る >
A ×
 そうした文言はない。

ポイント解説

 介護保険法 第1条「目的」は、次のようなものです。

介護保険法
(目的)
第一条 この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。
トップへ戻る